日記 (海外)

2016年03月06日

インドへの支援物資のお願い

インドへの支援物資の協力お願いいたします。
今月3月23日から30日までインドへ行く予定です。
セヴァ基金の援助先の学校・孤児院のあるプッタパルティとアガペーの会の援助先のシスターがいるチェンナイに行く予定です。

毎回、学校には日本のお菓子をトランクにいっぱいに詰めて持っていきます。
インドに着いてから、一つ一つジッパー付きの袋につめて配ります。
前回は150人分作りましたが、毎年生徒数が増えていて、今年は200人くらい用意しようと思っています。

また、インドの先生やシスターたちには日本のハンカチやスカーフを、
生徒や孤児の子どもたちにはボールペンや鉛筆をプレゼントしたいと思っています。

もしご自宅に未使用のハンカチ、ミニタオル、スカーフ、ボールペン、鉛筆、エコバックがある方は寄付をしていただけると助かります。

いつも温かいご協力ありがとうございます。

at_clear at 08:00|Permalink

2014年12月23日

「八卦羅盤凸面鏡」の抽選販売

先日の台湾にて、八卦羅盤凸面鏡を手に入れました。

ご希望の方、すべてにお渡ししたいところですが、抽選販売となります。CIMG3269
販売価格は一個 1500円です。限定14個の販売です。
風水インテリア講座に参加された方のみ抽選販売の対象となります。


講座で学んだように、来年2015年は鬼門・裏鬼門をしっかりガードしなければなりません。
この八卦鏡を家の外側に掛け、邪気を跳ね返し家族を守りましょう。

年内に抽選をさせていただき、新年にむけて準備ができるようにしたいと思います。
お時間があまりないので、こちらで勝手に抽選させていただきます。
八卦鏡をご希望でない方のみ、ご連絡ください。

当選された方はこちらからご連絡いたします。
当選されてからでも、お断りされても大丈夫です。




at_clear at 19:26|Permalink

2014年12月13日

孤児のための学校支援報告 

セヴァ基金をいつもして下さっている皆様に心から感謝いたします。
セヴァ基金が支援する「スリ・サイ・プラシャンティ スクール」の危機についてお話いたします。

私、渡辺は2004年 神様のメッセージにより、小さな一部屋で40人近くの孤児院をやっていたセナとめぐり会い、セヴァ基金として協力させてもらうようになりました。

その頃のセナは、本当に貧しくて それでも子供たちのため一生懸命働く すばらしい人でした。
2007年“学校を建てなさい”というサイババ様のメッセージにより、皆様の多大なるご協力をいただき、2009年にはまず小さな学校ができ、毎年だんだん大きくて立派になっていゆきました。

オーストラリア人のガイヤさんの尽力もあり、きちんと進んでおりました。
学校運営は順調のはずでした。
ところが、知らないうちに(この2年間)でセナは変わってしまい、経営も私物化し、国への提出物も怠り、一部金銭も横領していたことがわかり、校長をやめさせられ、今はガイヤさんが新校長として再建に頑張っています。

良い人も、時の流れ、欲、エゴで大きく運命は変わってしまうという学びです。
本当に残念です。

皆様のお祈りの力に、心から感謝いたします。
ありがとうございます。

渡辺 久子

at_clear at 18:37|Permalink

2014年04月09日

支援物資・寄付の御礼

 インドへ行く前に支援物資のご協力をお願いいたしましたら、たくさんの方が当店に持ってきてくれたり、送ってくれました。

 ハンカチは予想を超え80枚以上集まりました。
アガペーの会の施設では集会に集まってくれた方、スタッフの方、プッタパルティの学校の先生方たちに渡すことができました。
 また、日本から持って行ったお菓子は、前日にホテルで180人分をジッパー付きの袋に詰めて配りました。お菓子は、子供だけでなく大人もたいへん喜んでくれます。
学校分を130個用意しました。毎年、生徒数が増えていて、来年は150人になる予定です。
トランクには、できるだけ自分の荷物を減らしお菓子で埋め尽くして持っていくのですが、来年は重さを考えて品物を選らばなてはなりません。
 今年から飛行機の荷物の重量制限が厳しくなり、国内線でチェンナイからプッタパルティに移動する時に、追加料金を払うことになってしまいました。
その金額でかなりのお菓子が買えたことを思うと残念です。
 来年は重量の重いボールペンなどはやめ、ハンカチやエコバックをプレゼントしたいと思います。

 インドのスーパーや空港で、マイバックシステムが浸透しつつあり、バックのない方はビニール袋を買うようになっていました。
あまり、重い素材では持っていけないので、シンプルなタイプのエコバックを一年かけて集めていきたいと思います。
またまた、皆様のご協力をお願いいたします。

 今回、毎月の寄付の他に現地で使ってほしいと、現金で寄付をしてくれた方が何人かいます。
今回のインドでは、新たな学校を訪問させていただきました。
そこで、その寄付の一部を使わせていただきました。
あとは、アガペーの会と学校におやつを買っていただくように置いてきました。

 今回、寄付してくれた方には、神様に奉げられたバラで作ったサシュを用意してあります。
どうぞ取りに来てください。

 皆さんのご協力があって、このように寄付や支援が続いています。
インドの子供たちをはじめ、多くの方が喜んでくれました。
皆さんのお蔭で、私も現地でいろいろの体験をさせていただいています。
本当にありがとうございます。

at_clear at 23:15|Permalink

2014年04月07日

「ハッピーガネーシャ」 完売です。

お陰様で、先日紹介いたしました「クリスタルのガネーシャ様」21個は完売となりました。
ありがとうございました。

実は、今回のガネーシャ様たちからメッセージをいただいていました。
「これから良くなる人の所へ行きます。ハッピネスを運びます。」
今回のガネシャー様は{ハッピーガネシャー}と言っていました。

お手元にいった方は、どうぞ安心して流れに身を任せましょう。
必ず良い流れに乗れるはずです。

みなさんが喜んでガネーシャ様を迎えてくれるので、私もハッピーになりました。
本当にハッピーガネーシャですね。

at_clear at 19:16|Permalink

2014年04月03日

ガネーシャ様の限定販売

 今回のインドの旅行は、(インドのゾウの神様)に呼ばれて行くことになりました。
インドのマハーバリプラムという地のガネーシャ寺院で昨年10月に亡くなった愛猫「こんぶ」が待っているというメッセージをいただき、またその土地に前世がある私や娘、次男もカルマ落としに行かせていただきました。

今回の石の仕入れでは、今までにないくらい良いガネーシャの石にめぐり会えました。

ガネーシャ寺院のパワーを入れたきた「ガネーシャ」のクリスタルを21個限定販売いたします。
 
CIMG3000

ガネーシャ様は人によってご利益が違います。
学業の神様、商売の神様、家内安全の神様と言われています。

ご希望方は、どうぞご来店ください。
ただし、毎月セヴァ基金に参加されている方に限ります。
どうぞご了承ください。

インドへ旅立つ前に、神様や守護霊様にインドの石を持って帰ってくるように指示された方が14名いました。
石の浄化も済み、お渡しできる状態ですのでご都合のよい時にお越しください。

at_clear at 13:34|Permalink

2014年03月31日

インド孤児のための学校建設支援報告 及びインド訪問報告

いつもセヴァ基金、アガペーの会に御寄附、ご協力いただき心から感謝いたします。

 今年も3/23~3/30でインドを訪問し、支援先であるチェンナイのシスター・ジョセフィンの施設と、プッタパルティにある学校へ行ってまいりました。

 シスター・ジョセフィンの所では約50人の方たちが待っていてくれて、そこに住む10人の孤児たちが踊りや劇で歓迎してくれました。
テレビなどもちろんない人たちは、それを本当に楽しみ、シスターからのお米、穀物、豆を喜んで貰って行きました。
私たちが日本から持参したプレゼント(お菓子、ハンカチなど)も大変喜んでもらえました。

 また、学校ではちょうどその日がヒンズー教のサラスヴァーティ女神の祭日にあたり、子供たちは一番いい洋服を着て、アクセサリーなどでおしゃれをし、神様の儀式(プージャ)に参加し、楽しそうでした。
そこでも歌や踊りの歓迎を受けました。

 どちらも、金銭的には貧しく大変なこともたくさんありますが、日本の私たちへ感謝を忘れてはいません。
学校のニックネームは、校長先生の名とかけて「ジャパン・セナ・スクール」と呼ばれています。
 私たちは遠いインドから、祈りという形で感謝と愛をいつも送られています。
その想いがあなたの心を満たすことでしょう。

 今年も恒例の特別寄付を行います。

 自分だけでなく、家族や亡くなった方の供養も含め、寄付することで福徳が返ります。
一口5000円、期間は4/1~4/28といたします。

 次回の前世鑑定の予約は4/30(水)となります。
御寄附いただいた方のみの予約となります。
但し、家族の分を出された方の中で、その人も予約を受けられますが、本人がきちんと望んで入りたい場合のみとなりますので、ご了承ください。
予約日に電話ができなかった方は、後でご連絡いただくことも可能です。
皆様の暖かい心の御支援、よろしくお願いいたします。


at_clear at 17:53|Permalink

2014年03月09日

インドへの支援物資

インドへの支援物資の協力お願いいたします。
今月3月23日から30日までインドへ行ってきます。
セヴァ基金の援助先の学校・孤児院のあるプッタパルティとアガペーの会の援助先のシスターがいるチェンナイに行く予定です。

毎回、学校には日本のお菓子をトランクにいっぱいに詰めて持っていきます。
インドに着いてから、一つ一つジッパー付きの袋につめて配ります。
去年は100人分作りましたが、毎年生徒数が増えていて、現在は130人ほどいるそうです。

また、インドの先生やシスターたちには日本のハンカチやスカーフを、
生徒や孤児の子どもたちにはボールペンや鉛筆をプレゼントしたいと思っています。

もしご自宅に未使用のハンカチ、スカーフ、ボールペン、鉛筆がある方は寄付をしていただけると助かります。

いつも温かいご協力ありがとうございます。

at_clear at 16:51|Permalink

2013年05月05日

インドの孤児のための学校建設 報告

 2009年 サイババ様からのメッセージをいただき、この学校建設のプロジェクトは始まりました。

 そして皆様の温かいお心、寄付のおかげで、ゆっくりでも着実に進行してゆき、神様の恩寵により小学校は完成いたしました。
心より感謝いたします。

 オーストラリア人のガイヤさんとお仲間が現地でサポートしてくださり、エコロジーな全くプラスチックを使わない、木と土(レンガ)と金属で造られ、地元の人たちの作業で、本当にすばらしい愛にあふれた学校です。

 聖書に「あなたがこの最も小さき者にしたのは、私にしたのです。」とあります。
あなたの愛は神様が受け取りました。

 学校の子供たちは毎日、日本の私たちに向けてお祈りして下さっています。
覚えていてください。
その愛も神様が受け取り、私たちの人生に返ってきています。

もう一度 心から感謝をこめてあなたの幸せ、豊かさ、平安をお祈りいたします。

at_clear at 22:00|Permalink

2013年04月04日

インドの報告 ぁ岾惺察孤児院へ訪問」

皆様の寄付によって建設されました孤児院を併設した学校を訪問してきました。
昨年は建設途中で、こんなにもすごい学校が建つとは思っていませんでした。
とにかくおしゃれで立派です。CIMG2459
すべて天然素材でできた「ノープラスチック」のエコの学校です。
ヨーロッパの支援グループがあり、その代表の方が建築家だったり、お友達にカメラマンがいたりと人材に恵まれ、いろいろなことに恵まれ実現したのだと思います。

英語で書かれていますが、学校のホームページがありますので一度みてください。
http://www.ssps.in/

CIMG2455日本から持って行ったお菓子を配りました。
100人を超えるので一人が手にするおやつはわずかですが、とっても喜んでくれます。

at_clear at 18:27|Permalink
プロフィール

 「ストーン鑑定」により、お客様に最適なオリジナルブレスレットをお作りします。(要予約)
天然原石、ヒーリング雑貨、ブレスレットやアクセサリー等も取り揃えております。


 栃木県小山市荒井3−4
TEL 0285−22−0868
 AM10:00〜PM6:00
 
 定休日:水曜・日曜・祝日

0000000457







0000000461







アガペーの会
神様の御神託により、
私、舘野彰子はインドの
シスター、ジョセフィンさん
からかねてより頼まれている
エイズの子供達の為の基金
を設けることになりました。

特に恋愛、結婚のカルマ
のある方は、カルマ解消
のためにご支援いただける
と幸いです。
 

基本的には渡辺先生の
セヴァ基金とは別なので、
アガペー(真実の愛)の会
という形をとりたいと
思います。

月々1000円を目安として、
継続的な寄付を頂ければ、
シェルターにいるエイズの
子供の生活費を賄うことが
できます。

魂の償いと徳積みという
意味も込めて、ご協力
よろしくお願いいたします。
 
0000002756














セヴァ基金
渡辺先生がメインとなって
インドの貧しい子供達の
教育を支援しています。

皆様の1000円が、一人の
子供の一ヶ月分の食費に
値します。

毎月一口1000円のご協力
をお願いしています。
0000002742










功得箱 
一円から寄付を頂いている
赤い功徳箱のお金はインド
へ洋服を送る船便代にさせ
ていただきます。

インド訪問前に洋服や文房
具の他に、ボール、楽器を
送りました。

特に喜んでくれたものは
スポーツ飲料の粉末です。

発熱や下痢のときに大変
役立ったようです。

また、功徳箱のお金をお菓
子代として現地にて使わせ
ていただきました。

初めて炭酸飲料のジュース
を体験する子供達の顔が
印象的でした。

皆様のご協力に感謝いた
します。
QRコード
QRコード