神様のメッセージ

2018年10月05日

10月の神様からのメッセージ

 もし今つらかったら、嫌なことがあったとしたら、すべて過去の清算と思いなさい。
家族や身近な人のすることに、「どうしてそうなの?」と責める前に、「これは私だ!私は返されているのだ。きっとこんな思いを誰かにさせてしまった。ごめんなさい。」と心で謝る。

 これが本当の“ 反省 ”であり、“ 受容 ”である。
 
 例えば、誰かに意地悪をされる。意地悪の元は勝ち気、嫉妬とわがままだ。
自分にもあるから、または前世でしてしまったから、今返されていると認める。

 この反省の力が心を強くする。

 他人を悪く思わなくなり、落ち込んだとしても、すぐに気持ちを立て直せるようになる。
まぁいいか・・・と流したり、まして我慢すると心の奥、意識にためこみゴミとなり、その負のエネルギーがカルマとなって繰り返される。
心をよく見て、捨てなさい。

at_clear at 15:37|Permalink

2018年09月03日

9月の神様からのメッセージ

―――― 宿命から運命へ ――――

生まれた境遇、身の上、変えられないものは宿命、性別、能力、容姿も宿命。
思いと努力で今からでも変えられる人生そして未来は運命。
人生に無駄はない。
つらかったことも、悲しかったりさびしかったりしたことも、人を恨んだことさえも、みんな運命になる。
立派なところだけでなく、駄目なところも含めて、どう生きてきたか、どう生きていくか。
目指しているのは、他者の評価でも自己満足でもなく、“自分”を生きること、つまりよく生きることなのだ。
よく生きる。
嘘をつかず、よく働き、人を傷つけない。
いつも人の幸せを願いながら、気をつけている。
未来の自分を作るのは、自分だから・・・

at_clear at 16:02|Permalink

2018年08月03日

8月の神様からのメッセージ

「先祖供養」
あなたは生かされています。
ひとりで生まれてきたわけでも、ひとりで育ったわけでもありません。
故に父と母とに感謝すべきです。
たとえカルマにより嫌悪、恐怖があるとしても、育ててもらった恩を忘れてはいけないのです。
その父と母のその先に、あなたの命をつないでくれた先祖がいます。
先祖の苦労があって、今の自分はいるのだ・・・その想いこそが先祖供養になります。
それをずっと忘れずにいられれば、徳を身につけ、感謝を忘れず、ひいては神仏と先祖に守られるのです。
形にこだわらず、真心で「ありがとう」と・・・。

at_clear at 09:00|Permalink

2018年07月14日

7月の神様からのメッセージ 

――― 成長 ―――
魂にも個性がある。
長所、短所があり、良い所を伸ばし欠点は克服する。
そこに否定は必要ない。
ネガティブは否定すること。
言うは易し。まずは理解し、ゆっくり時をかけて、前に進む。
“変わる”のではなく、“成長する”。
まずは根本的な欠点に気づく。
その気づきを忘れない、一生。
深い根も少しずつ絶える。
成長は幸せの源となる。


at_clear at 15:44|Permalink

2018年07月03日

7月の神様からのメッセージ

苦しいのは、思い通りにならないから。その思いはエゴ。
他人(ひと)は、家族は、思い通りにならない。
自分でさえ、思い通りにならないのだから。
生きぐせから、カルマから・・・
試練は人を成長させる。
または、脱落させる。
気づきを与えてくれる時となるか、
自信をなくし落ち込み沈むか、
選択するのは自己の意思。
“ 変わる ”のではなく、“ 成長する ”。
運命は思いによってつくられる。

at_clear at 13:57|Permalink

2018年06月13日

6月の神様からのメッセージ

------------ 原点回帰 -------------

頭でわかって、口では言えるけれど、はたして心の底から思いはどうなのか。
大切なことは、実はシンプルだ。
神を信じる。すべての源は神だ。
宇宙、地球、自然、生命 そしてあなた。
生きていられるのは、ひとりの力ではない。
周りのすべての人の力に支えられている。
“生かされている”大切さを思う。
おのずとありがたいと思える。
感謝が薄くなっていないか・・・・
それをかたちにして、言葉にして伝えるという徳が、魂の糧(かて)となる。

at_clear at 09:00|Permalink

2018年05月17日

2018 5月の神様からのメッセージ

―――カルマの寛解―――

それは、カルマの解消の先にある完全に終えること。
寛解をめざしなさい。それは、ゆっくりていねいに一生をかけるほど遠い道のり。
それは生きる意味。

人生という現実で、つきつけられる日々の葛藤。
愚痴を言う、弱い者に八つ当たりをする、誰かを悪く思いごまかす。
そうではなく、その苦しさを受けとめ、耐え忍び時を待つ。それに見返りを期待せず・・・

神を信じ、仏を信じ、自分は守られていると強く思えば、おのずと感謝は生まれる。
すべての人は自分と思う。
許せないのは相手でなく、自分だ。

at_clear at 14:02|Permalink

2018年04月17日

4月の神様からのメッセージ

私たちの意識、思いはつながっている。
足元の大地、地球がひとつであるように。
神、仏、守護霊、先祖、家族、周りの人達、その思いはひとつの世界。
神を想い、感謝する。
神はその思いを忘れない。いつか返る。
人を嫌い、否定する、批難する。
人は無意識にその思いを受けとる。
いつか返る。もしかしたら、他の人から…
運命の“ 運 ”のエネルギーは作られる。
すべては過去の産物。
負の産物は「反省」により刈り取られる。
心の番人となり、反省という謙虚を学べば、不幸な未来は訪れない。

at_clear at 09:00|Permalink

2018年03月13日

3月の神様からのメッセージ

――――― 自分を信じる ―――――

今まであれこれ頭で考えすぎて生きている人にとって、自然の流れにそって生きていくのは、難しいことだ。
流れに逆らうから、人とぶつかり、不和、不運となり、自然の流れに乗ってゆけない。

自然にそった生き方とは、自分とも周りの人とも、地球とも調和して生きることだ。

あるがままの自分を信じて、人を思い、否定をやめ、みんながよくなりますようにと思い、焦らずゆっくり生きる。

自分を信じきれない心の元は“ 欲 ”だ。

「人からバカにされたくない、優位に立ちたい」
「先が不安、もっとお金がほしい」
「家族が自分の思うようにしてくれない」
欲張っている自分が、信じる心と反対の方に進ませていたと気づくことから始めてみよう。
ダメな自分を認めて、許すことも自分を信じることに近づく。

at_clear at 14:35|Permalink

2018年02月06日

2018 2月のメッセージ

あなたは意味もなく、この世に生まれてきたわけではない。生まれるには意味がある。

あなたの中には、無数のいのちが存在している。
あなたを産んでくれた父と母だ。
その父にも、また父と母がいて、その母にも、また父と母がいる。その父と母にも、さらに父と母がいる。十代前までさかのぼれば、その数は千人以上となり、二十代前ならば、父と母の数は百万人をこえる。

無数のいのちが、あなたといういのちを成している。その中のわずかひとつが欠けたとしても、あなたといのちは成りたたない。

あなたのいのちは、宇宙大河の一滴なのだ。
わずか一滴ではあるけれど、その一滴がなければ、宇宙大河は成りたたない。

この世に生まれてきたことが、奇蹟なのだ。
「いまここに、生きている」
それだけで、意味があり、すばらしい。



at_clear at 18:04|Permalink
プロフィール

 「ストーン鑑定」により、お客様に最適なオリジナルブレスレットをお作りします。(要予約)
天然原石、ヒーリング雑貨、ブレスレットやアクセサリー等も取り揃えております。


 栃木県小山市荒井3−4
TEL 0285−22−0868
 AM10:00〜PM6:00
 
 定休日:水曜・日曜・祝日

0000000457







0000000461







アガペーの会
神様の御神託により、
私、舘野彰子はインドの
シスター、ジョセフィンさん
からかねてより頼まれている
エイズの子供達の為の基金
を設けることになりました。

特に恋愛、結婚のカルマ
のある方は、カルマ解消
のためにご支援いただける
と幸いです。
 

基本的には渡辺先生の
セヴァ基金とは別なので、
アガペー(真実の愛)の会
という形をとりたいと
思います。

月々1000円を目安として、
継続的な寄付を頂ければ、
シェルターにいるエイズの
子供の生活費を賄うことが
できます。

魂の償いと徳積みという
意味も込めて、ご協力
よろしくお願いいたします。
 
0000002756














セヴァ基金
渡辺先生がメインとなって
インドの貧しい子供達の
教育を支援しています。

皆様の1000円が、一人の
子供の一ヶ月分の食費に
値します。

毎月一口1000円のご協力
をお願いしています。
0000002742










功得箱 
一円から寄付を頂いている
赤い功徳箱のお金はインド
へ洋服を送る船便代にさせ
ていただきます。

インド訪問前に洋服や文房
具の他に、ボール、楽器を
送りました。

特に喜んでくれたものは
スポーツ飲料の粉末です。

発熱や下痢のときに大変
役立ったようです。

また、功徳箱のお金をお菓
子代として現地にて使わせ
ていただきました。

初めて炭酸飲料のジュース
を体験する子供達の顔が
印象的でした。

皆様のご協力に感謝いた
します。
QRコード
QRコード