2019年05月12日

愛猫 ライアン

らいあん(4) 皆さんに可愛がっていただいた我が家の猫 ライアン(雌・4歳)が白血病のため10日のお昼ごろ、亡くなりました。
 昨年末から、急に体重が落ち、二度の入院と手術を経てとうとう亡くなってしまいました。
3日おきに解熱剤と栄養剤の注射を受けに通院した時期もあり、私のエゴで闘病生活を長くさせてつらい思いをさせているのかと葛藤しておりました。発熱を繰り返し、鼻炎が悪化し、体重が半分以下になっても必死に生きようとする姿は見事でした。ライアン
 ライアンは私たちに「精一杯生きる」ということを教えてくれました。また、「愛する」という徳を積む機会を与えてくれたのです。
見返りを求めず、相手のために善行を行うことは、めぐりめぐって自分の身に返ってくることになります。もちろんそのようなことを考えて看病していたわけではありませんが、ペットの介護は親の介護の身代わりだったりします。私の場合もそのようです。
 亡くなる直前まで私の腕の中で抱かれながら、大好きなお庭や家の中を散歩して、他の猫と犬に別れの挨拶をすませて息を引き取りました。
 その日の夕方の渡辺先生のお祈りの時には、当店の指導霊様であるキンばーちゃんに抱っこされていました。よく頑張って徳を積んだから、キンばーちゃんの猫になったそうです。ライアン(2)そして、「私は幸せです。みんなに愛されて本当に幸せでした。来世は「ふく」ちゃん(昨年亡くなった愛猫)のような金色の猫に生まれてきます。」って、次の日には「大好きなよっちゃん(娘)は私のお姉さん。落ち込まないで…。天上界でふくちゃんと遊べて幸せです。ママ、いっぱい病院へ連れて行ってくれてありがとう。」とメッセージをくれました。
 今は天上界で、以前のふくよかなライアンに戻って「こんぶ」「かめ」「ふく」と一緒に4匹で楽しそうに遊んでいるそうです。
ライアン、ありがとう。

at_clear at 23:58│ 日記 (日常) 
プロフィール

 「ストーン鑑定」により、お客様に最適なオリジナルブレスレットをお作りします。(要予約)
天然原石、ヒーリング雑貨、ブレスレットやアクセサリー等も取り揃えております。


 栃木県小山市荒井3−4
TEL 0285−22−0868
 AM10:00〜PM6:00
 
 定休日:水曜・日曜・祝日

0000000457







0000000461







アガペーの会
神様の御神託により、
私、舘野彰子はインドの
シスター、ジョセフィンさん
からかねてより頼まれている
エイズの子供達の為の基金
を設けることになりました。

特に恋愛、結婚のカルマ
のある方は、カルマ解消
のためにご支援いただける
と幸いです。
 

基本的には渡辺先生の
セヴァ基金とは別なので、
アガペー(真実の愛)の会
という形をとりたいと
思います。

月々1000円を目安として、
継続的な寄付を頂ければ、
シェルターにいるエイズの
子供の生活費を賄うことが
できます。

魂の償いと徳積みという
意味も込めて、ご協力
よろしくお願いいたします。
 
0000002756














セヴァ基金
渡辺先生がメインとなって
インドの貧しい子供達の
教育を支援しています。

皆様の1000円が、一人の
子供の一ヶ月分の食費に
値します。

毎月一口1000円のご協力
をお願いしています。
0000002742










功得箱 
一円から寄付を頂いている
赤い功徳箱のお金はインド
へ洋服を送る船便代にさせ
ていただきます。

インド訪問前に洋服や文房
具の他に、ボール、楽器を
送りました。

特に喜んでくれたものは
スポーツ飲料の粉末です。

発熱や下痢のときに大変
役立ったようです。

また、功徳箱のお金をお菓
子代として現地にて使わせ
ていただきました。

初めて炭酸飲料のジュース
を体験する子供達の顔が
印象的でした。

皆様のご協力に感謝いた
します。
QRコード
QRコード