2016年09月

2016年09月27日

財布を入荷いたしました。

「財布」には取り替える時期があります。
10月・11月の金(ごん)の季節に新調するのが一番良いといわれています。

お財布は、少しくたびれた感じがしてきたり、汚れが気になってきたら取り替える時期です。
風水では3年が目安といわれています。

 でも、思い出があるお財布だったりとってもきれいならば、一度浄化するのがお勧めです。
浄化の方法は、中身を全部出して、一つまみの塩を中に入れてから、太陽にあてると良いでしょう。
そして、白い布に包んで、家の北の方位に寝かしてあげましょう。

残りわずかなの金(ごん)の時期に、金運・貯蓄運のパワー取り込んでください。

興味のある方は、どうぞお越しください。

at_clear at 09:30|Permalink

2016年09月06日

9月の神様からのメッセージ

神の幸せは、すべての人の幸せ。

その幸せは、真実な幸せ。
現世的な富、栄誉、地位のようなはかないものではないし、他人と比べるものでもない。

幸せは、今ここにあるものの大切さを知っていること。
心が満たされていること。苦しむ他者へ、慈しみという思いを寄せられること。

投げかけたものは、返ってくる。
否定すれば否定され、感謝すれば感謝される。

己(おのれ)を忘れ、人に尽くし、見返りを求めない。
理不尽にも耐え、悪口、陰口を言わない。

それは、すべて神を喜ばせ、捧げるものとなり、恩寵(幸運)となり、与えられる。

at_clear at 08:00|Permalink神様のメッセージ 

2016年09月05日

支援物資の希望の品

今回、娘と息子がインドの現地に行って日本から届いた支援物資も配ってきました。
7月2日に日本から船便で送った支援物資がちょうど、娘たちが到着した前日(8月23日)にインドに届きました。


シスターたちは、現地で買ったお米、シリアル、香辛料、油、調味料などの他に、日本から届いたエコバックの中に、文房具や洋服を詰めて配りました。
必要なものを、一人ひとりに合わせて選んでいて、シスターたちの細やかな対応に感心しました。

支援物資で特に必要なものを聞いてきてもらいました。


ボールペン(特に青色)
消しゴム
携帯電話
安全ピン
くし
歯ブラシ
バック
腕時計
包丁・缶切り
シーツ
タオル(白よりカラーが好まれる)
洋服


今年3月にプッタパルティの学校を訪問した時も、次回の生徒へのプレゼントはエコバックと歯ブラシを要望されました。来年の3月までに250名分を集めたいと思っています。

シスターたちの所でも、希望があるのでご自宅に余っていましたらご協力をお願いいたします。

at_clear at 17:14|Permalink

2016年09月04日

泰輝のインド報告

この度、私泰輝と姉の淑恵の二人で8月24日から31日までの間インドに行ってきました。

期間のほとんどを以前からお世話になっているチェンナイのシスターの施設に訪問し、アガペー、セヴァ基金がどのように活用されているのかを実際に支援を受けている現地の方々との触れ合いを交えながらボランティアさせていただきました。image3
シスターが用意してくれたプログラムを通して、初めての経験やリアルなインドを五感で感じることができた旅行でした。実際に支援を受けている人々に会うことでこれから自分もしっかり寄付をしてこの人たちの生活を支えたいと思いました。

image1寄付はお米や健康食品、子供たちにはカバンや水筒等といった形に変わり、現地の方々の手に渡っていました。とても皆さん喜んでいらっしゃって、改めてアガペー、セヴァ基金の力と意義を感じることが出来ました。

現在、インドにはまだまだ病気や貧困に喘ぐ方々が多くいます。
アガペー、セヴァ基金はもちろん皆さんのお役にたっておりますし、日本では不要に感じてしまう物でもインドではとても貴重で、喜ばれています。image2

日頃からアガペー、セヴァ基金にご協力いただいている皆さん、本当にありがとうございます。
これからも皆さんの支援、寄付のご協力をお願いします。

at_clear at 16:24|Permalink

2016年09月03日

淑恵のインド報告

8月24日から一週間、クリアストーンのみなさんが日頃協力してくださる寄付を届けに弟と二人でインドへ行ってきました。

今回、送金でなく直接届けに行ったのは、テロのよる送金の危険性だけでなく、インド政府は送金を厳しく取り締まっているためです。インド政府は他国からの支援を嫌い、特にクリスチャンには送金を受け取るための許可が下りにくくなっている現状があります。image4

それでもシスターたちは貧しい人や病気しての人の生活を守るために日々尽力しています。今回は、そんなシスターたちの日頃の活動の一部を体験してきました。

HIV患者を訪れ、食料を渡し、子供の患者にはスクールバックとランチバック、水筒を渡しました。これらは皆さんの寄付からのお金で買いました。

image3 また、ホームレスを一時支援し、社会復帰させるシェルターにも訪れました。グループのリーダーであるローレンツさんは、不衛生による健康被害を防ぐための街の清掃ボランティアも運営したり、スラムの住民に顔写真と番号の認証カードを作り、スラム街の安全のために尽力しています。

ローレンツさんのグループは、政府からの送金の許可がおりており、シスターたちに、日本からの寄付を受け取る際は、自分のグループの口座を通じて受け取ってください、と私たちに協力してくださっています。
しかし、このグループは政府からの一時的なサポートはあるものの、支援を続けてくれる支援者を探している最中だとおっしゃっています。

シスターは「私たちだけの活動では人々を救うことはできません。あなたたちの寄付のおかげで多くの人が良い人生を送ることができます。」とおっしゃいました。image2

今回の経験から、寄付がいかに多くの人役に立っているかを体験し、支援を続けることの大切さ、シスターたちのように人のために生きるとはどのようなことかを学びました。

いつか私は渡辺先生や母(舘野 聖子)からこの支援を受け継ぎ、責任をもって続けていきたいと思います。


舘野 淑恵




at_clear at 11:24|Permalink

2016年09月02日

9月のスピリチュアル講座

霊媒の渡辺先生によるスピリチュアル講座を開きます。

基本的に前世鑑定を受けられた方が対象となります。

9月19日(祝)・9月21日(水)
AM8:30~AM10:30



今回のテーマは「徳を積む」です。

今回はワークショップ形式ではありません。

 受講料 3000円 定員  各12名予約受付終了
 


 駐車場が混み合うことが予想されますので、できるだけ相乗りで来られるようお願いいたします。
 

at_clear at 22:04|Permalink各種講座 
プロフィール
0000000457







0000000461







アガペーの会
神様の御神託により、
私、舘野彰子はインドの
シスター、ジョセフィンさん
からかねてより頼まれている
エイズの子供達の為の基金
を設けることになりました。

特に恋愛、結婚のカルマ
のある方は、カルマ解消
のためにご支援いただける
と幸いです。
 

基本的には渡辺先生の
セヴァ基金とは別なので、
アガペー(真実の愛)の会
という形をとりたいと
思います。

月々1000円を目安として、
継続的な寄付を頂ければ、
シェルターにいるエイズの
子供の生活費を賄うことが
できます。

魂の償いと徳積みという
意味も込めて、ご協力
よろしくお願いいたします。
 
0000002756














セヴァ基金
渡辺先生がメインとなって
インドの貧しい子供達の
教育を支援しています。

皆様の1000円が、一人の
子供の一ヶ月分の食費に
値します。

毎月一口1000円のご協力
をお願いしています。
0000002742










功得箱 
一円から寄付を頂いている
赤い功徳箱のお金はインド
へ洋服を送る船便代にさせ
ていただきます。

インド訪問前に洋服や文房
具の他に、ボール、楽器を
送りました。

特に喜んでくれたものは
スポーツ飲料の粉末です。

発熱や下痢のときに大変
役立ったようです。

また、功徳箱のお金をお菓
子代として現地にて使わせ
ていただきました。

初めて炭酸飲料のジュース
を体験する子供達の顔が
印象的でした。

皆様のご協力に感謝いた
します。
QRコード
QRコード