2014年03月

2014年03月31日

インド孤児のための学校建設支援報告 及びインド訪問報告

いつもセヴァ基金、アガペーの会に御寄附、ご協力いただき心から感謝いたします。

 今年も3/23~3/30でインドを訪問し、支援先であるチェンナイのシスター・ジョセフィンの施設と、プッタパルティにある学校へ行ってまいりました。

 シスター・ジョセフィンの所では約50人の方たちが待っていてくれて、そこに住む10人の孤児たちが踊りや劇で歓迎してくれました。
テレビなどもちろんない人たちは、それを本当に楽しみ、シスターからのお米、穀物、豆を喜んで貰って行きました。
私たちが日本から持参したプレゼント(お菓子、ハンカチなど)も大変喜んでもらえました。

 また、学校ではちょうどその日がヒンズー教のサラスヴァーティ女神の祭日にあたり、子供たちは一番いい洋服を着て、アクセサリーなどでおしゃれをし、神様の儀式(プージャ)に参加し、楽しそうでした。
そこでも歌や踊りの歓迎を受けました。

 どちらも、金銭的には貧しく大変なこともたくさんありますが、日本の私たちへ感謝を忘れてはいません。
学校のニックネームは、校長先生の名とかけて「ジャパン・セナ・スクール」と呼ばれています。
 私たちは遠いインドから、祈りという形で感謝と愛をいつも送られています。
その想いがあなたの心を満たすことでしょう。

 今年も恒例の特別寄付を行います。

 自分だけでなく、家族や亡くなった方の供養も含め、寄付することで福徳が返ります。
一口5000円、期間は4/1~4/28といたします。

 次回の前世鑑定の予約は4/30(水)となります。
御寄附いただいた方のみの予約となります。
但し、家族の分を出された方の中で、その人も予約を受けられますが、本人がきちんと望んで入りたい場合のみとなりますので、ご了承ください。
予約日に電話ができなかった方は、後でご連絡いただくことも可能です。
皆様の暖かい心の御支援、よろしくお願いいたします。


at_clear at 17:53|Permalink日記 (海外) | チャリティー

2014年03月09日

インドへの支援物資

インドへの支援物資の協力お願いいたします。
今月3月23日から30日までインドへ行ってきます。
セヴァ基金の援助先の学校・孤児院のあるプッタパルティとアガペーの会の援助先のシスターがいるチェンナイに行く予定です。

毎回、学校には日本のお菓子をトランクにいっぱいに詰めて持っていきます。
インドに着いてから、一つ一つジッパー付きの袋につめて配ります。
去年は100人分作りましたが、毎年生徒数が増えていて、現在は130人ほどいるそうです。

また、インドの先生やシスターたちには日本のハンカチやスカーフを、
生徒や孤児の子どもたちにはボールペンや鉛筆をプレゼントしたいと思っています。

もしご自宅に未使用のハンカチ、スカーフ、ボールペン、鉛筆がある方は寄付をしていただけると助かります。

いつも温かいご協力ありがとうございます。

at_clear at 16:51|Permalinkチャリティー | 日記 (海外)

2014年03月05日

神様からの3月のメッセージ

すべての不幸の原因は恐怖だ。

不安、心配、嫌悪を生み、人生を暗くしている。

恐怖を手放しなさい。

「私は守られているから大丈夫。」という神からの愛で心を満たしなさい。

生まれてきた意味は、自分という存在が誰かを少しでも幸せにして自分が幸せになるということ。

人は正しさを選び恐怖にいたり、優しさを選び愛を受けとる。

幸せでいなさい。それが神の願いだ。

at_clear at 02:11|Permalink

2014年03月02日

臨時休業のお知らせ

<臨時休業のお知らせ>

 都合により下記の日時でお休みさせていただきます。
ご迷惑おかけいたします。
2014年3月3日(月)
AM10:00~PM14:00

前世鑑定は予定通り行います。
 
*当店の定休日は「日曜日・祝日」に「水曜日」も加わりました。
 

at_clear at 00:33|Permalink休業・不在のお知らせ 
プロフィール
0000000457







0000000461







アガペーの会
神様の御神託により、
私、舘野彰子はインドの
シスター、ジョセフィンさん
からかねてより頼まれている
エイズの子供達の為の基金
を設けることになりました。

特に恋愛、結婚のカルマ
のある方は、カルマ解消
のためにご支援いただける
と幸いです。
 

基本的には渡辺先生の
セヴァ基金とは別なので、
アガペー(真実の愛)の会
という形をとりたいと
思います。

月々1000円を目安として、
継続的な寄付を頂ければ、
シェルターにいるエイズの
子供の生活費を賄うことが
できます。

魂の償いと徳積みという
意味も込めて、ご協力
よろしくお願いいたします。
 
0000002756














セヴァ基金
渡辺先生がメインとなって
インドの貧しい子供達の
教育を支援しています。

皆様の1000円が、一人の
子供の一ヶ月分の食費に
値します。

毎月一口1000円のご協力
をお願いしています。
0000002742










功得箱 
一円から寄付を頂いている
赤い功徳箱のお金はインド
へ洋服を送る船便代にさせ
ていただきます。

インド訪問前に洋服や文房
具の他に、ボール、楽器を
送りました。

特に喜んでくれたものは
スポーツ飲料の粉末です。

発熱や下痢のときに大変
役立ったようです。

また、功徳箱のお金をお菓
子代として現地にて使わせ
ていただきました。

初めて炭酸飲料のジュース
を体験する子供達の顔が
印象的でした。

皆様のご協力に感謝いた
します。
QRコード
QRコード