2013年05月

2013年05月24日

般若心経の講話にて

 今月の15日に2回目の般若心経の講話がありました。

 講話の後、住職が皆さんの質問を受けてくれました。
私は、講話の内容の「違う自分になりたいと思うのではなく、自分を自分で信じる」という意味が、違う自分に変わりたいと思うことはいけないことなのか聞きました。
住職は、「変わりたいと思うことは自分を信じていないことで、自分を否定している。「空」は物質的存在で「絶対」だから、どうにもならないもの。自分もどうにもならないもの。」などといろいろ説明してくれましたが、よくわかりませんでした。

 その時の私は、どんな悪い自分でもそのまま色をつけずに鏡に映るようにそんな自分をありのままに受け入れるのかと受け取りました。
でも、「こんな悪い自分をどう信じていいのだろう。」とか「一生かけてカルマを克服して変わろう!変わらなきゃ!という思いはどうしたらいいのだろう。」などなど、家に戻ってからも納得できず、ずっと考えていました。

 いろいろ考えた私の解釈は、悪い自分とかいい自分と判断するのも色をつけた現実であって、私はただの原子が集まった肉体をまとった魂でシンプルなものだということ。
どんな悪人でも本来の魂はピュアであり、神様と同じ光を持っていると聞いたことがあります。
ただ、そこに行き癖や思い癖がついてしまっただけ。
私も神の光の一部で、神と同じ光を持っていることを信じようと思いました。

 私なりの解釈で間違っているかもしれませんが、今後の般若心経の講話を聴きながら理解を少しづつ深めていきたいと思います。
本当に奥が深いです。
でも、いろいろと考える機会をいただきました。

 興味がある方は、ぜひ次回からでも講話に参加してください。

at_clear at 23:42|Permalink 日記 (日常) 

2013年05月06日

セヴァ基金からのお知らせ

いつも御寄附下さり、心より感謝いたします。

 毎年恒例となりました特別寄付の時期となりました。
学校建設は次のステップとして中学校を造る予定です。
皆様におかれましては、一口5000円で5月7日から6月18日の期間で御寄附をお願いいたします。

御存知ない方もおられるので、次の前世鑑定は寄付して下さった方のみの受け付けとなりますので、よろしくお願いいたします。

心のこもったこの温かい布施が、いつか、いえ、いつもあなたを守り、未来へと導かれると信じています。
ありがとうございます。

at_clear at 21:10|Permalink

2013年05月05日

インドの孤児のための学校建設 報告

 2009年 サイババ様からのメッセージをいただき、この学校建設のプロジェクトは始まりました。

 そして皆様の温かいお心、寄付のおかげで、ゆっくりでも着実に進行してゆき、神様の恩寵により小学校は完成いたしました。
心より感謝いたします。

 オーストラリア人のガイヤさんとお仲間が現地でサポートしてくださり、エコロジーな全くプラスチックを使わない、木と土(レンガ)と金属で造られ、地元の人たちの作業で、本当にすばらしい愛にあふれた学校です。

 聖書に「あなたがこの最も小さき者にしたのは、私にしたのです。」とあります。
あなたの愛は神様が受け取りました。

 学校の子供たちは毎日、日本の私たちに向けてお祈りして下さっています。
覚えていてください。
その愛も神様が受け取り、私たちの人生に返ってきています。

もう一度 心から感謝をこめてあなたの幸せ、豊かさ、平安をお祈りいたします。

at_clear at 22:00|Permalink 日記 (海外) 
プロフィール
1642053751989~2
0000000457

「ストーン鑑定」により、
お客様に最適なオリジナル
ブレスレットを作成します。(要予約)
天然石、ヒーリング雑貨、
ブレスレットやアクセサリ
ーも取り揃えております。

栃木県小山市荒井3-4
tel :0285-22-0868
PM12:00〜PM18:00
定休日:水・木・日・祝
アガペーの会
神様の御神託により、
私、舘野彰子はインドの
シスタージョセフィンさん
から予てより頼まれている
エイズの子供達の為の基金
を設けることになりました。

特に恋愛、結婚のカルマ
のある方は、カルマ解消
のためにご支援いただける
と幸いです。
 

基本的には渡辺先生の
セヴァ基金とは別なので、
アガペー(真実の愛)の会
という形をとりたいと
思います。

月々1000円を目安として、
継続的な寄付を頂ければ、
シェルターにいるエイズの
子供の生活費を賄うことが
できます。

魂の償いと徳積みという
意味も込めて、ご協力
お願いいたします。
 
功得箱 
一円から寄付を頂いている
赤い功徳箱のお金はインド
へ洋服を送る船便代にさせ
ていただきます。

インド訪問前に洋服や文房
具の他に、ボール、楽器を
送りました。

特に喜んでくれたものは
スポーツ飲料の粉末です。

発熱や下痢のときに大変
役立ったようです。

また、功徳箱のお金をお菓
子代として現地にて使わせ
ていただきました。

初めて炭酸飲料のジュース
を体験する子供達の顔が
印象的でした。

皆様のご協力に感謝いた
します。
QRコード
QRコード