2012年05月

2012年05月29日

インド孤児のための学校建設報告

尊いお心でいつも御寄付くださる皆様に心より感謝いたします。
3月にインド、プッタパルティに行き、学校の状況を見て参りました。
中学校と小さい体育館兼講堂が建設中でした。
それを造っているのは地元の人たちで、すべて手作業で行なわれ、仕事を得られ喜んでいました。
校長先生は「ジャパンマネーサンキュー」と何度も言われ、皆様の愛がインドで美しい花となっていました。

今年も例年通り、特別寄付1口5000円を募らせていただきます。
神様からのメッセージでチェンナイのシスター・ジョセフィンの新しい計画(結核患者を救う)をするようにとのことで、学校支援と折半で送りたいと考えています。
期間は6月1日〜6月30日とし、7月の前世鑑定のご予約は寄付された方のみとさせていただきます。

寄付一布施をできる自分に成長させてくださった神様、守護霊様のお導きに感謝しています。
本当の豊かさは与えることでしか得られません。
魂の家族を救うことは、自分や家族が守られることになるでしょう。
皆様はインドの方たちから祈られているのですから…

渡辺久子

at_clear at 23:59|Permalinkチャリティー 

2012年05月22日

金環日食

 昨日の金環日食をみなさんは観察しましたか?
正直、このようなことにはあまり関心がない私ですが、今回の金環日食はかなりの変化のパワーがあるということなので、朝のお祈りを済ませ、専用のサングラスをかけてその時を待ちました。

 実際、目で見ると心が高ぶり、雲が消えることを心から願っていました。
私の守護石とともに、5分間、光を浴びてパワーを充電できたような気がします。

 この金環日食は変化のパワーをもたらすので、現在悪い状況の人や、なかなか変われなかった人はこのパワーをかりて乗り切りましょう。
また、良い状況の人は心浮かれることなく、大人しく過ごしましょう。

数日前に、神様より名前を改名していただきました。
この金環日食の日から使って良いということなので、みなさんにご報告いたします。

私、舘野 彰子(たての しょうこ)の名前を「聖子(しょうこ)」といたします。
呼び名は変わりませんので、今までのように呼んでください。

これからもよろしくお願いいたします。

at_clear at 12:42|Permalink日記 (日常) 

2012年05月16日

感謝

クリアストーン、彰子さん、私 渡辺のために49日の長きに渡りお祈りして下さった皆様に心より感謝いたします。
一時は心身ともにつらく、うつの状態になり、インドでは神様から魂に傷ができたと言われました。

今は皆様の尊いお心とお祈りのおかげで、魂は癒され状況はかなりよくなりました。
あらためてお祈りのすばらしさ、神様の御恵と愛 −恩寵− を実感いたします。
よくも悪くも思いのエネルギーのすごさを学び、必ず試練は乗りこえられ、それが魂の糧となるのだと知りました。

本当にありがとうございます。
皆様の真実の幸せ、心の平安をお祈りいたします。

                      渡辺 久子

at_clear at 10:28|Permalink日記 (日常) 

2012年05月15日

お墓への導き

先日、お墓のリフォームを検討するため我が家のお墓を見に行ったことをブログにのせました。
実はお墓に行ったのには、他に意味があったのです。

先生と墓の前にいると、この墓地には未浄化霊がいるみたいだから夕方にはこない方がいいよと言われました。
その次の日にわかったのですが、その未浄化霊は私のおばあちゃんだったのです。
13年間寝たきりで介護を受け、92歳で亡くなり、去年十三回忌の法要を行なったおばあちゃん。
亡くなってから13年間、頭に白い三角の布を付け、白装束のまま、そのお墓のそばにいたのです。
髪も乱れ、まさにお化けの格好です。

そこで、渡辺先生の緊急リーディングを受け、おばあちゃんのお言葉聞くことができました。
おばあちゃんは、誰も死んだことを教えてくれなかった、しばらくは
生きていると思っていた、と言っていました。
確かに、高齢の上、寝たきりの状態がながかったので、息を引き取って周りの人は「このほうが良かったんだ。」という思いがありました。しかし、そのことよりも、お葬式の時に親族でかなりもめていて、故人を弔う気持ちがなっかったことが大きな原因でした。
そのあとの法事やお盆、彼岸のお墓参りも誰も心がこもっておらず、世の中の儀式の一つにしかなかったと言ってました。

おばあちゃんは「13年の間にお化けとして人を脅かしてしまったり、悪い霊を引き寄せてしまったりしたけど、毎月お墓参りにくる私が光って見えて、このままではいけない、天上界に上がりたい、そして修行を終えたら、舘野家のご先祖の一人になって彰子たちを守りたいと思うようになった。でも、行き方がわからない、もうひとりでは行けない。」言っていました。

ただ、人間は行けるときに行かないと天上界にはいけないそうです。行ける時とは、四十九日後や法要の時ですが、そこに心から弔う気持ちがないといけません。

今は49日間の「成仏のお祈り」を始めたら、おばあちゃんの格好が変わり、髪もきちんと結って素敵な着物姿で我が家の仏壇にいます。

墓相も悪いけど、墓に導かれた本当の意味は、「おばあちゃんを救え」という意味だったのです。

お墓参りって本当に大切ですね。



at_clear at 11:03|Permalink日記 (日常) 

2012年05月13日

蛇龍妙王様への参拝

5月13日(日)の蛇龍妙王様祭礼の折、地主さんからの要望により、今までのように 土、日や巳の日に開けることが中止となりました。
五百円というお賽銭の指定にもクレームがあり、これからはそれぞれのお気持ちで・・・ということになりました。

祭礼で読経して下さった住職様も信仰は自由なのでお参りはけっこうです、というお言葉を下さり、大切なのは日々の信仰であり、守っていただいているお礼がお参りかと思われます。お賽銭の額で御利益があるのではありません。

神様は心を見ているので、いつも信心と感謝を心がけましょう。
欲の信心は必ずその人に返ってきます。それが宇宙正義、カルマの法則です。

私たちは以前と変わらず、裁く心を持たずに神様と共に人生を歩むのみです。



at_clear at 23:03|Permalink日記 (日常) 

2012年05月11日

お墓

 先日、お墓のお掃除をするとご先祖様が喜んでくれるだけでなく、ご先祖様のお徳もいただけると聞き、我が家も初めてお掃除をプロの方に頼んでみようとおもいました。

 ちょうど同じ時期に、そろそろ家やサンデッキをリフォームしようと思っていましたら、「まずは家より墓が先」とメッセージをいただき、掃除とリフォームをお願いすることになりました。

 毎月墓参りに来ているのに、自分たちのお掃除ではいろいろな所に手が届いていなかったとわかりました。

 改めてお墓を見ると、墓石と外柵、灯籠の石のバランスが悪い墓でした。確か、20年ほど前にある人に墓相が悪いと言われたことがありました。

 我が家の墓石は高級な石を使っているのですが、墓石にはむいていないと神様がおっしゃっていました。
子供一同から送られた灯籠は、墓石や外柵の石に比べたらとても貧相な感じの石です。
墓を建てた父と、その兄弟の考えや思いの温度差を感じます。
このバランスが悪い状態は、今までの舘野家の家族のバラバラ感を表しているようです。

 墓石までは変えられませんが、灯籠を変えてリフォームしようと思います。墓に入れられた文字の色も変えたり、梵字も魔除けとして石に彫り込んでもらう予定です。

 キーワードは「まずは家より墓が先」です。
自分たちのお掃除ももちろん良いですけど、数年に一度というペースを決めてプロに頼んであげると、ご先祖様はとっても喜んでくれます。

この機会に、自分の家の墓を見直しましょう。


at_clear at 17:13|Permalink日記 (日常) 

2012年05月08日

蛇龍妙様の祭礼のご案内

皆様のお仕事や金運を守ってくださる「蛇龍妙王様」の祭礼が行われます。
日程は5月13日(日)の午前11時からです。
一年に一度の祭礼ですので、毎月参拝されている方はぜひぜひご参加ください。


祭礼が終わりましたら、蛇龍妙王様へ奉納した御供物をお配りします。
11時半から108個の団子、お茶、甘酒をお配りする予定です。


どうぞ蛇龍明王様の波動の入った御供物をいただいてお仕事がんばりましょう。

駐車場は隣のビジネスホテル「柳泉」でお借りすることができます。

境内の駐車スペースは二台しかありませんので、毎月ホテルの駐車場をお借りしている方もたくさんいらしゃると思います。
ご好意で無料で貸していただいているので、ホテルの方がいらっしゃる時は感謝の気持ちをこめて、ご挨拶をお願いいたします。

at_clear at 20:39|Permalink

2012年05月04日

エゴ

みなさんのお祈りや石のパワーのお陰で先生も私も邪悪なエネルギーから守られています。

一時は死ぬかと思うくらい体調不良が続き、本当にみなさんにご心配をおかけしました。

 ブログに載せることをためらっていたのですが、今回のクリアストーンの危機の原因をみなさんの学びとなると神様がおっしゃるのでお伝えしようと思います。

 今回の原因はある一人の人のエゴが、今まで当店に縁があった人たちの嫉妬や恨みの思いを集めて、合体のエネルギーとなり、そこに悪霊も引き寄せこんなにも強力で邪悪なエネルギーとなってしまいました。そして私と先生とお店の石たちも苦しめられたわけです。

 そのある人の名を出すことは個人的には躊躇してしまい葛藤していたのですが、神様が真実を伝えることで、みんなの学びとなることでその人は人の役に立つことができるとおっしゃるのです。
 その人は人の役に立ち、そのことで少しでもカルマの清算ができるというお導きをいただいたので、いろいろな私情を抜いて報告しようと思います。

 そのある人というのは、私の母です。みなさんに「おばあちゃん」と慕われている母です。
母には特に家族に対して支配欲のカルマがあります。
支配欲が満たされないと、無意識に相手を攻撃してしまいます。
人は誰でも前世から深い生き癖があり、頭ではわかっていてもなかなか実際の生き方、考え方まで変えることは簡単ではありません。
母は、前世鑑定で何度もそのカルマがあることを理解しているのですが、生き癖の方が強く解消できていません。

「私はこんなにやっているのに。なんで?どうして?どうしたらいいの?」という自分の間違いを認めたくない思いは、反発であり、エゴです。 
その奥には自分は間違っていない、自分はできている、自分は悪くないという思いがあるのです。

 エゴの怖いところは、「支配」になり、「攻撃」になり、最終的には「破壊」のエネルギーになるそうです。相手を「破壊」しても何も得られないのに、自爆テロのようなエネルギーになるのです。

 母のスピチュアルな成長を認めてもらえないという「怒り」の思いが、結果的に私と先生の信頼関係を崩し、この仕事を邪魔する「破滅」のエネルギーになってしましました。

 私も先生も体調維持のために、ある心霊治療を定期的に受けているのですが、先生の体の不調に私の妬みのエネルギーが出ていると診断されたことがあります。
 しかし、指導霊であるキンばーちゃんがこれは母の仕業だとおしゃってくれたので、誤解は解けました。
私と先生の信頼を崩すためです。
見えないエネルギーは力を持つと何でも可能です。

 一番怖いのはエゴ。 
誰にもエゴはあります。自分ではなかなか気づけないものだから、常に心をみていないと私も同じことをしてしまうかもしれません。

 母には名を出して申し訳ない気持ちがありますが、みなさんの反面教師となり、みなさんの魂の成長に役に立つことができることを心から願います。

at_clear at 16:35|Permalink日記 (日常) 

2012年05月03日

神様からの5月のメッセージ


    魂の家族

「血は水より濃い」という言葉通り、濃いが故に助け合わなければいけない。
逆に濃い因縁のために我(エゴ)が強く出て苦しめ合うことにもなる。
家族が苦しみとなる。

我(エゴ)とは、自己中心、わがまま、攻撃的、支配であり、一番まずいのは自分はまちがっていない、自分はいい人だ、という思い上がりだ。
そしてそれに気づける客観的な自分を失った時、スピリチュアルから外れる。
・・・神はエゴの強い者には距離を置く・・・

神はその心を見ている。
あやまちに気づき、反省し謝った者は即座に許される。
そして、欠点(カルマ)はしだいにうすれてゆく。
エゴ強い者を裁いてはいけない。裁くその心がエゴだから・・・。

エゴの反対は信心、神を想う心、その心で生きてゆくこと。
そうすれば因縁は解消される。
そして、血はつながっていなくとも、同じ心を持つ魂の家族を得られ、ひとりではない守られた自分で生きてゆくことができる


at_clear at 10:50|Permalink神様のメッセージ 
プロフィール
0000000457







0000000461







アガペーの会
神様の御神託により、
私、舘野彰子はインドの
シスター、ジョセフィンさん
からかねてより頼まれている
エイズの子供達の為の基金
を設けることになりました。

特に恋愛、結婚のカルマ
のある方は、カルマ解消
のためにご支援いただける
と幸いです。
 

基本的には渡辺先生の
セヴァ基金とは別なので、
アガペー(真実の愛)の会
という形をとりたいと
思います。

月々1000円を目安として、
継続的な寄付を頂ければ、
シェルターにいるエイズの
子供の生活費を賄うことが
できます。

魂の償いと徳積みという
意味も込めて、ご協力
よろしくお願いいたします。
 
0000002756














セヴァ基金
渡辺先生がメインとなって
インドの貧しい子供達の
教育を支援しています。

皆様の1000円が、一人の
子供の一ヶ月分の食費に
値します。

毎月一口1000円のご協力
をお願いしています。
0000002742










功得箱 
一円から寄付を頂いている
赤い功徳箱のお金はインド
へ洋服を送る船便代にさせ
ていただきます。

インド訪問前に洋服や文房
具の他に、ボール、楽器を
送りました。

特に喜んでくれたものは
スポーツ飲料の粉末です。

発熱や下痢のときに大変
役立ったようです。

また、功徳箱のお金をお菓
子代として現地にて使わせ
ていただきました。

初めて炭酸飲料のジュース
を体験する子供達の顔が
印象的でした。

皆様のご協力に感謝いた
します。
QRコード
QRコード