2011年08月

2011年08月31日

8月最終日

みなさん、いかがお過ごしでしょうか?
とうとう明日から9月です。
9月には大きな変化を迎えるとメッセージをいただいています。
それは私だけでなく多くの方にあてはまることです。

8月中旬に「蛙の呪い」がでた私は「呪いの解消」のお祈りを108日間、「蛙の浄霊」のお祈りを49日間行っている最中です。

呪いがでたばかりは、お店の石のパワーは閉じてしまい、蛙人間にパワーを取られてしまったお客様いました。
このままだと、24日のスピリチュアル講座で参加者に影響が出てしまいそうで心配したのですが、前日の夜にたまたまお寺の施餓鬼供養に行く予定がありましたので、そこでしっかり心を込めてお祈りをしたら蛙人間を代表した蛙達は天上界に上がってくれたようです。

とりあえず阿弥陀様たちの御力をお借りして上がっただけなので、49日間はしっかりと淨霊のお祈りをします。


今年を振り返ると、見事にカルマや呪いが休む暇なく出させていただきました。

魂に「呪い」がかかっていると生まれ変わっても解消されないとわかってから、神様に一つでも多くの呪いとカルマを今生で清算できるようにお願いしました。

これも「欲」かと思いましたが、このような魂の成長のための願いは叶えてくれます。
お陰さまで、カルマや呪いをたくさん出させていただいています。

スピリチュアルを学んでいなかったら、カルマと呪いであふれた人生をまともな精神状態ではいられなかったと思うくらいすご〜く出てます。


今、私の左手首には「気力を充実させるブレス」と右手首には「呪いを解いて真実なる人生を引き寄せるブレス」をつけています。ストーンの力を借りて、気力でこの深いカルマを乗り越えようと思います。
9月からの気が変わり、ラッキーストーンのカラーが変わりました。
夏のイメージが強いですが、9月からはターコイズブルーがいいでしょう。
洋服やアクセサリーにも取り入れるといいと思います。

ちなみに、やりかけのものは今日中に区切りをつけましょう。
部屋をきれいにして、良い変を呼び込みましょうね。

みなさんの9月の大きな変化が良い方向に行きますよう願っています。



at_clear at 16:33|Permalink

2011年08月21日

前世鑑定追加予約

前世鑑定の予約を受付けいたします。
今回の予約は、前回の寄付された方が対象の「追加予約」です。

6月22日に前世鑑定の予約を受付け致しました際、6月に前世鑑定される方は遠慮していただき、次回の一般の予約受付け前に受付けすることになっておりました。

学校建設と義援金に寄付していただいた方で、6月中に鑑定だった方や6月22日に予約できなかった方は予約をお受けいたしますのでご連絡ください。

8月中にご連絡いただきたいと思いますのでお願い致します。


at_clear at 17:29|Permalink前世鑑定予約日 

2011年08月20日

台湾に行って来ました

 お盆休み中、2泊3日で台湾に行って来ました。

 今回は渡辺先生は初盆のため一緒には行けなかったので、子供を連れて台湾に行って来ました。
風水の開運グッズやストラップなど楽しい商品を持って帰ってきました。
 今回で三回目の台湾となりましたが、前回、前々回でもっと入れたかった商品を再度お目にかかることはありませんでした。やはり、すべての出会いには意味があるのだと実感します。

 ハードなスケジュールの中、少しでも仕入れができたのは私にとっては上出来かなと思っています。
ただ、良質なストーンを見つけ出すのは本当に難しいことです。
 
 あるパワーストーンを扱っているお店で緑の石でできた銭をくわえた蛙の「三本脚の蛙」を見つけました。
風水の三本脚の蛙(銭蛙)には、幸運を招く力と財を四方八方から集めて、財運を良くする力があります。

店員の方に勧められたのですが、蛙が苦手な私は即答でお断りしたのですが、帰り際に珍しい商品で価格も手ごろだったので考え直して購入してきました。

 帰国後、家でその蛙を浄化するために箱から出してから、急に身体が疲れ、気力がなくなりました。
旅行の疲れがでたのか、またウツ病かと心配したのですが、原因は蛙の石にあったのです。
蛙の石に蛙の顔をした人間の姿の霊が入っていたらしいです。
石は塩に埋もれるようにして半紙に包んで封印しておき、日本の聖地である平泉に置いて来ることになりました。
ただ、蛙人間は次男の机の下に体育座りして隠れているのです。

 緊急で前世鑑定に入ることになり、原因は私の台湾の前世にありました。
夜市で蛙屋さんをやっていた過去世と違う前世で、その時の前世では蛙の肝を使った漢方薬の商売をしていたそうです。その殺生した蛙の祟りとその薬で効果が出た人もいる中、悪くなり亡くなった方の恨みで「蛙人間」を連れて帰ってきたのです。

こんなにも台湾で蛙のカルマが深かったとは思ってもいませんでした。
台湾から無事に帰って来られたり、良い商品が手に入るのは今生での寄付の力で守られているお陰だと神様に言われました。

 前世鑑定に入る前は、私の顔に死相が出ていました。
まだすっかり消えてはいないのですが108日間のお祈りで解消させていただきます。

カルマを知らずに生きていたら私はどんな人生だったのか想像するだけで恐ろしくなります。

 こんなカルマの深い私でも台湾で良い商品もたくさん持って帰ってきました。
相変わらず数少ない仕入れですので興味のある方はお早めにご来店ください。



at_clear at 15:33|Permalink日記 (海外) 

2011年08月11日

仙台四郎さんへの紅白饅頭

毎月11日には、仙台四郎さんへのお礼に紅白饅頭をあげています。
仙台四郎さんは商売の神様として有名ですが、家内安全、特に金運にもかなり力を貸してくれます。

「11日が無理ならその前後でもいいよ」とメッセージをくださった仙台四郎さんは心の広い方ですが、紅白饅頭にはお好みがあるようです。
あまり小さいのは好まず、上用饅頭がいいとおしゃっていましたので毎月11日にあわせて和菓子屋さんへお願いして作ってもらっています。

一家に一組みをお供えすれば良いので、我が家だけでは数少ない注文で和菓子屋さんに申し訳ない次第です。

仙台四郎さんを信仰しお世話になっている方、御利益のあった方で、一緒に注文してくれる方がいると助かります。
ご協力してくれる方はお声をかけてください。

at_clear at 22:49|Permalink日記 (日常) 

2011年08月10日

インド孤児のための学校建設支援報告

寄付をして下さった皆様に心よりお礼を申し上げます。

今年2011年は4月にババ様も亡くなり、3月は大震災、津波という歴史的な節目なのかもしれません。その中で皆様が尊いお金を布施されたことは大きな徳となるでしょう。

先月8月4日に、インド プッタパルティ・スリ・サティア サイ シャンティ スクールへ送金させていただきました。
この円高はインドの子供たちにはありがたいことです。

インドには108万円送り、前回で報告しました様に約半分の100万円は朝日新聞厚生文化事業団へ寄付いたしました。
こちらは両親を失った孤児への「こども応援金」に充てますということだったのでここに決めさせていただきました。 

寄付できる私たちは何と幸せなのでしょう。
未来あるこどもたちに、お金というすばらしいエネルギーを贈ることで、あなたに徳という貯金ができました。
神様、そしてすべての皆様に感謝いたします。
ありがとうございます。

渡辺 久子

at_clear at 22:16|Permalinkチャリティー 

2011年08月01日

「うつ病」になっていました。

ご心配をおかけしてすみませんでした。
3日間、私は「うつ病」になっていました。

 日帰り旅行から帰ってきた次の日の木曜日から身体がだるく、何事にもやる気が起きませんでした。
カルマの地の「平泉」で、未浄化霊でも憑けてきたか、それとも呪いが始まってしまったかとも思いました。
朝のお祈りの後に涙が流れてきたのは魂が浄化でもしてるのかと思っていましたが、どうやらそれが「うつ病」の症状だったらしいです。

うつ病になったことがなかったので、自分の状況が把握できませんでした。
渡辺先生が言うには、私の魂がうつ病だから神様が休んで良いとおっしゃっているというので、急遽お仕事を休ませていただきました。

人と話すことに頭が回らず、煩わしく感じてしまい誰とも会いたくない感情になっていました。
 
 今年は私のカルマや呪いだけでなく、家族それぞれのカルマや血族因縁の呪いまで出ている年です。
スピリチュアル講座で聞きましたが、すべての人にとって今年は7月から「流れ」がきて、9月には「変化」が出る年とのことです。
そんな言葉が私に焦りを与えていたのかもしれません。
以前のわがままな私ならどこかに吐き出せたのですが、スピリチュアルな知識を学んでしまうとカルマをつくらないように、カルマを受け入れようと、わがままを言えずに感情を抑え過ぎたみたいです。

「気持ち」と「こころ」がまったく別ものであり、いきなりうつ病になってしまう自分にびっくりしました。

 多くの方が、病院に行って診断されるころには悪化している状態だと思います。
自分がうつ病になりかけていることに気がつかない人も多いことでしょう。
うつ病は精神的に弱いからなるのではなく、消化していない吐き出せない思いが「心のコップ」から溢れ出した時に急に起きる感じです。

ちょっとしたサインが感じられたら自分を甘えさせなきゃいけないですね。

「休んでいいよ。頑張らなくていいよ。好きなことして。」と言われてから、ちょっとした罪悪感を抱えながらもすぐに快方に向かっている自分に気がついていましたが家族に甘えさせていただきました。
子供たちに「ママはウツだからね。」といって家事を放棄し、おやつを運んでもらい、DVD鑑賞をしてのんびりさせていただきました。
2日目には、カーテンを閉め切りにされ「うつ病用の部屋作り」をされ、「ママ」と呼ぶ代わりに「ウツ」という名で呼ばれたくらい子供たちに理解されたお陰ですっかり良くなりました。

日曜日には、神様に「もう治っている。甘えているだけ。」といわれてしまいましたので、今日から頑張らせていただきました。

 今までの私は、引きこもりの方、不登校の方、うつ病の方の気持ちがちっともわかっていなかったことに気付かせて頂きました。 貴重な経験をしました。

 人間はそんなになんでもできるわけでもなく、良い人でもないし、完璧ではないですから、お互いにあたたかく見守りながら生きていきましょうね。

at_clear at 23:42|Permalink
プロフィール
0000000457







0000000461







アガペーの会
神様の御神託により、
私、舘野彰子はインドの
シスター、ジョセフィンさん
からかねてより頼まれている
エイズの子供達の為の基金
を設けることになりました。

特に恋愛、結婚のカルマ
のある方は、カルマ解消
のためにご支援いただける
と幸いです。
 

基本的には渡辺先生の
セヴァ基金とは別なので、
アガペー(真実の愛)の会
という形をとりたいと
思います。

月々1000円を目安として、
継続的な寄付を頂ければ、
シェルターにいるエイズの
子供の生活費を賄うことが
できます。

魂の償いと徳積みという
意味も込めて、ご協力
よろしくお願いいたします。
 
0000002756














セヴァ基金
渡辺先生がメインとなって
インドの貧しい子供達の
教育を支援しています。

皆様の1000円が、一人の
子供の一ヶ月分の食費に
値します。

毎月一口1000円のご協力
をお願いしています。
0000002742










功得箱 
一円から寄付を頂いている
赤い功徳箱のお金はインド
へ洋服を送る船便代にさせ
ていただきます。

インド訪問前に洋服や文房
具の他に、ボール、楽器を
送りました。

特に喜んでくれたものは
スポーツ飲料の粉末です。

発熱や下痢のときに大変
役立ったようです。

また、功徳箱のお金をお菓
子代として現地にて使わせ
ていただきました。

初めて炭酸飲料のジュース
を体験する子供達の顔が
印象的でした。

皆様のご協力に感謝いた
します。
QRコード
QRコード