2011年01月

2011年01月31日

娘の卒業文集

中学3年生の娘が卒業文集に載せる作文を書きました。
その下書きの作文をご紹介します。

「(題名)未来予想図Ⅱ
 
 私の中学校生活は、楽しいことも、嫌なこともありましたが、五年後には良い思い出になっていると思います。
 
 さて、私には将来こんな風に生きたい、という希望があります。
まず、高校生になって卒業して、大学生になって無事卒業して、イギリスに医学を勉強しに留学して、帰って来て、自分で治療院を創って、三十歳前後には身を固めて、それでも仕事は続け、毎日1〜2時間くらい韓国のドラマのDVDを観て(先生に書き直されて「趣味の時間を大切にして」になってました。)平和に暮らすのが夢です。
 
 あと、まだやりたいことがありまして、半年に一回くらいインドへ身を清めに行きたいと思っています。
 
 最後に、これから死ぬまでまじめに生きて、すべてに感謝できる人間になりたいです。」

 予定よりもかなり短い文章で、文の区切りも上手ではないものでしたが、心に残る文でした。

 私の中学生の頃は、自分のことしか考えてなくまじめに生きよう、感謝しよう、という気持ちがかけらもなかった気がします。

 学生の頃からスピリチュアルな人生を目指して、徳を積むような生き方を目指していれば、どんな人生だったのだろうと思わずにはいられません。

 今から悔やんでも仕方がないので、娘を羨ましく思わず、(本当はかなり羨ましい気持ちでいっぱいです)世に役に立つヒーラーに育てあげるのが私のお役目だと思っています。

 できれば、短命のカルマのある私の命をヒーラーの力で、もう少し寿命を伸ばしてカルマの解消の時間いただければと思います。

at_clear at 20:28|Permalink日記 (日常) 

2011年01月16日

「開運のお財布」完売しました

お陰さまでご好評につき「開運のお財布」は昨日一日で売り切れてしましました。

たくさんの方に使っていただきたいと思っていましたが、
神様のご指示により追加注文はしないことになりました。

今回「開運のお財布」をお手にした方は大きな意味があったことでしょう。

お財布だけで運が勝手に運を運んでくるわけではありません。
お財布が手に入らなかった方は、きっと運を呼び込む前に何かを捨てなければならないことがあるはずです。
運を呼び込む準備が整ったら、開運のきっかけをつくるストーンやグッズが手にはいるはずです。

一度、溜まった「思い」や「物」の見直しをしてみるのもいいかもしれません。

at_clear at 23:55|Permalink重要なお知らせ 

2011年01月15日

「開運のお財布」

 前回「金運のお財布」にご縁がなかった人のためにもう一度お財布を探しに行って来ました。

 今回のお財布は「金運のお財布」ではなく「開運のお財布」

今年は「金」の年。いろいろな意味での「豊かさ」の年です。
この金の年に豊かさの金運をリセットするためにお財布を変えると良いです。
「金」のパワーを取り込むお財布で2011年の運を呼び込みましょう。

今回のお財布は貯蓄用の使っても、普段に使ってもOKです。
運のプレゼントとして大切な方へお渡ししても喜ばれることでしょう。
ちなみに、今年は他人を喜ばせる、楽しませることで自分の運を築く年です。


色はホワイト、ピンク、ラベンダー、イエロー、グリーンの5色。
価格 4000円。形は4種類。

ご要望があれば、それぞれの方に合った色をアドバイスさせていただきます。
気軽にご相談ください。

当店で購入できなかった人も、蛇の型押しのお財布を探してくると良いでしょう。
ビニール製は「火」のパワーで「金」のパワーを燃やしてしますのでお勧めいたしません。もちろん蛇の本革も。

at_clear at 00:38|Permalink重要なお知らせ 

2011年01月11日

蛇龍妙王様 七百五十年大祭

 平安時代、平将門公が家臣の過ちにより沼の主、白蛇様を殺めてしまい、その御魂をお鎮めになったことが由来となり、栃木市今泉町にほつられたお社が蛇龍妙王様の起源です。

蛇龍妙王様という御名をいただき、正式におまつりされまして、本年で七百五十年となります。

五月の第二日曜日にその「七百五十年大祭」を催します。
また、只今、奉納されます龍神像も製作中です。

それにあわせ、蛇龍妙王様を信心なされている方々より、一口三千円の寄進を募らせていただくこととなりました。

期間は1月15日~2月15日とさせていただきます。
皆様、御協賛の程よろしくお願いいたします。

 皆様に蛇龍妙王様の豊かなる御加護がございますよう
心よりお祈り申し上げます。

                    渡辺 久子

at_clear at 15:34|Permalinkチャリティー 

2011年01月06日

トイレのイメージチェンジ

 1月3日に新年の御祈祷に冠稲荷神社に行って来ました。

 今年はカルマが吹き出る年である私に、お稲荷様よりアドバイスいただきました。
2年前から下降気味の私の運勢は今年最悪な予定です。
今までの悪い気を断ち切るために家中のトイレをイメチェンすると良いとメッセージが入りました。
 
 さっそく4日の休みに家の2階のトイレとお店のトイレのクロスを張り替えカーテンや鏡・ライトなどを替えてみました。
家の1階のトイレまでは手をつけることはできなかったのは残念でしたが、お陰で改装前の1階トイレと改装後の2階トイレの気の違いをはっきりと体感することができました。

 きれいに掃除するだけでは、ここまでの変化はでなかったでしょう。
気の流れを変えるには、やはり環境、やはり風水の力が効果的です。 
 
 年末に急にお休みを1日追加していただいたのはこの改装のためだったようです。

 すべて神様のお導きなんだと思いました。 

at_clear at 22:54|Permalink

2011年01月05日

「金運のお財布」完売です。

「金運のお財布」本日のお昼で完売いたしました。
たくさんの方のお問い合わせやご来店ありがとうございました。
予約販売ができず遠方の方には申し訳けないと思っています。

 今回のお財布は、御霊言により今年初の1月2日の「巳の日」に渡辺先生が蛇龍妙王様にて御祈祷したものです。
 御霊言で指示されたことは、「白色」と今年のラッキーカラーの「ピンク色」の蛇の型押しの長財布を用意するようにいわれました。
 
 「白色の財布」は蛇龍妙王様に今まで参拝していて金運のカルマがある方に、「ピンク色の財布」は蛇龍妙王様とお稲荷様に守られている方にいくように神様から条件が出されていました。
 せっかく御来店していただいたのにお売りできない方が何人もいらしたので心苦しく思いましたが、この機会で蛇龍妙王様とご縁ができたことがこれからの金運が導かれたはずです。

2011年が、皆様にとって心豊かな年になりますように。

 ちなみに蛇の本革のお財布は昔から金運を呼ぶ財布と思われていますが、絶対タブーです。蛇を殺生して金運がくるはずがありません。
もし、蛇革の製品をお持ちの方は蛇供養するとために蛇龍妙王様に謝りに行くと良いと思います。

at_clear at 21:08|Permalink重要なお知らせ 

2011年01月03日

2011年 「金運のお財布」を販売いたします

当店 初企画の「金運のお財布」を販売します。

神様より色と形の指示をうけたお財布を先日の仕入れで探しまわってやっと数をそろえることができました。

限定31個。
色は白とピンクの2色。形は4種類。
価格 5000円。
普段に持ち歩く財布とは違い、家にしまっておいて金運を蓄えておく財布です。

1月5日 10時より販売いたします。
数が無くなり次第終了とさせていただきます。


ただし、神様からの条件があり、こちらで色を指定させていただきます。また、お売りできない場合がありますのでご了承ください。

at_clear at 23:54|Permalink重要なお知らせ 

2011年01月01日

2011年 新春のメッセージ

 明けましておめでとうございます。
 
 一年があっと言う間に過ぎたように思いますが、昨年は私にとってかなりたくさんのカルマが噴出した年でありました。
前世のカルマや呪いなど知らずに生きていたらきっと精神的に病んでいたに違いありません。
 神様の恩寵で、このように幸せな気持ちで年を迎えられたことに感謝しています。
未熟な私ですが、どうぞ今年もよろしくお願いいたします。


 渡辺先生を通して神様より皆様へ「2011年新春のメッセージ」をいただきました。

●本当の豊かさとは…

今ここに生きている、生かされていることに感謝しなさい。

これは当たり前ではない。
生命(いのち)、人生のすべては良きも悪しきも神からの送り物である。
越えられない学びはない。

不安、心配、悩み…いつまでそのマイナスの思いを心にためておくのだ。
空をごらん、神である太陽がこんなにも美しく輝いているのに…

心の中の正負のスイッチのどちらに入れるかで現実は変わってゆく。

いつもよいことをして、ものの見方もよい方を選びよき者となりなさい。
与えられている恵みをいつも心におきなさい。
よりよき流れが必ずやってくる。

満たされた思い、その幸いこそが豊かさである。


at_clear at 15:19|Permalink神様のメッセージ 
プロフィール
0000000457







0000000461







アガペーの会
神様の御神託により、
私、舘野彰子はインドの
シスター、ジョセフィンさん
からかねてより頼まれている
エイズの子供達の為の基金
を設けることになりました。

特に恋愛、結婚のカルマ
のある方は、カルマ解消
のためにご支援いただける
と幸いです。
 

基本的には渡辺先生の
セヴァ基金とは別なので、
アガペー(真実の愛)の会
という形をとりたいと
思います。

月々1000円を目安として、
継続的な寄付を頂ければ、
シェルターにいるエイズの
子供の生活費を賄うことが
できます。

魂の償いと徳積みという
意味も込めて、ご協力
よろしくお願いいたします。
 
0000002756














セヴァ基金
渡辺先生がメインとなって
インドの貧しい子供達の
教育を支援しています。

皆様の1000円が、一人の
子供の一ヶ月分の食費に
値します。

毎月一口1000円のご協力
をお願いしています。
0000002742










功得箱 
一円から寄付を頂いている
赤い功徳箱のお金はインド
へ洋服を送る船便代にさせ
ていただきます。

インド訪問前に洋服や文房
具の他に、ボール、楽器を
送りました。

特に喜んでくれたものは
スポーツ飲料の粉末です。

発熱や下痢のときに大変
役立ったようです。

また、功徳箱のお金をお菓
子代として現地にて使わせ
ていただきました。

初めて炭酸飲料のジュース
を体験する子供達の顔が
印象的でした。

皆様のご協力に感謝いた
します。
QRコード
QRコード