2010年11月

2010年11月29日

支援物資の集荷期間が変更になりました。

 当店では、不定期ではありますが、ご縁のあったホームレスのサポートグループへ物資の支援をしています。

 皆さまから協力していただいているタオルや男性用の衣服などの他に、功徳箱に集められた一部の金額を寄付させていただいています。

 年末の大掃除のこの時期に、皆さまのご自宅で協力できる物がありましたら、お願いしたいと思います。

新年をお迎えするのに、お家はきれいにしなければなりません。
この機会に家中すっきりしちゃいましょう。    

      必要としている支援物資

(食品) カレールー・味噌・砂糖・お米・一口味噌汁・缶詰・カップラーメン・インスタントラーメン・飴・チョコレート・お菓子・コーヒー・クリープ・お茶・醤油・油・塩・ふりかけ

(生活用品) 石鹸・ひげそり・シャンプー・洗濯洗剤・台所洗剤・ティッシュ・カッセットコンロ用ガスボンベ・カセットコンロ・寝袋・テント・ラジオ・毛布・食器・旅行鞄・リュック・未使用の電池

(衣類) 靴下・下着・靴・冬物の衣類(古着でOK)・ベルト・帽子
    男性ものに限ります。
(その他) テレフォンカード・医療品・バンドエイド・未使用の寝具とシーツ・カーテン(洗濯済み)・未使用品の鍋など単身者用の調理品や食器

当店の方で一時預かり、1月上旬に持って行く予定です。

ご協力できる方は12月24日〜12月29日(6日間)までにお持ちいただけると助かります。
物によっては、お返しすることもありますのでご了承ください。


at_clear at 11:52|Permalinkチャリティー 

2010年11月21日

五所駒ヶ滝神社

先日テレビでパワースポットとして、茨城県真壁市にある「五所駒ヶ滝神社」が紹介されていました。

渡辺先生が、最近前世鑑定で源平時代に関わっていた方が、この地出身の方で毎年夏の夜中にお祭りすると聞いていた場所でした。

パワースポットとしてその地に呼ばれてのか、源平時代に関わって何か意味があるのか、訪れてみないとわからないとおっしゃるので一緒に行ってきました。

その場所は、人によってはパワースポットになりますが、源平の呪いが出ているこの時期には、そうでない方もいるようです。

当時、源氏の武士達が、義経公を追って平泉へ向かう途中に立ち寄った神社で、戦に負けて山に隠れていた平氏側の武士を追い込み、亡き者にしてしまった場所でした。

私たちはパワーをもらうために行ったのではなく、当時の「落ち武者狩り」を理解しなければならなかったようです。

そのためか、訪れた日に町の人達が集まって「森林活動」をしていて、まさに山刈りしているところでした。

前世で源氏の兵士だった方は、源平の呪いの解消のお祈りが完全に終わると思われる来年の節分前には、その神社には行かないほうがいいようです。

節分過ぎたら、反省して謝りながらお参りしてきましょう。

 

at_clear at 00:28|Permalink日記 (日常) 

2010年11月12日

源氏平氏 根底の呪縛の解消

 先日の「弁慶の呪い」だけでなく、最近前世鑑定に入る方でその時代に関わった人たちの呪いが少なくありません。


 渡辺先生に源義経公の愛妾である静御前からメッセージが入りました。

 源平の時代に、戦さが負けるとわかった平氏の女性達は自ら身を投げて終わらせました。
その女性達の義経公への恨みの思いと呪師のかけた呪いで義経公とその家来たちは源頼朝への思いが報われず最後には多くの方に裏切られて死に追いやられました。

その恨みは弁慶様の怨念により、義経公を裏切った人達に今だに呪いがかかり続けています。

この両者の呪いをかけられた魂とその人生が救われるよう神様に解消のお祈りをしてほしいとのことです。

 渡辺先生は、この呪いを解消するために今生は霊媒になったのかもしれないとおしゃっていました。

想像をこえるくらい多くの人の呪いを解くことになりそうです。

 今までの前世鑑定のリーディングで、源平時代の前世があった人、特に呪いがかかっている人、49人集めて49日間「源氏平氏根柢の呪縛の解消」のお祈りをします。 

 関わっていない人もボランティアのお祈りとして参加できます。

 すでに50人を超える方が参加してくれていますが、できるだけ多くの方に参加していただきたいと思います。また、呪いをかけてしまった方、かけられている方は自分のカルマの解消ために参加したほうがいいでしょう。

できれば年内、遅くても節分までには49日間のお祈りを終了させなければなりません。

お祈りに参加してくれる方はお店にご連絡ください。



at_clear at 20:26|Permalink日記 (日常) | お祈り

2010年11月02日

弁慶の呪い

 インドへ旅立つ前から、前世鑑定に来られた方に「弁慶の呪い」がかかっている方が何人か続きました。

弁慶が死ぬ間際の怒りが当時関わった人たちに呪いとなってかかってしまったようです。

 詳しく知らなかった私はDVDのNHK大河ドラマの「義経」を見て当時の状況を把握しました。

DVDの中に前世の姿の母や姉、当店の御客様が何人も登場してきます。

私の息子の前世の父親も頼朝公の側近として登場してます。

私は当時、京都の白拍子で息子と恋人でした。その時に私たちは、義経公や弁慶と関わりがあり、息子とともに呪いがかかっているようです。

 
 インドから帰ってきてから一週間風邪をこじらし、夜になると微熱が続いたのもその呪いの影響でした。

渡辺先生に「呪いが出ているよ」と言われても、神様から呪いの解消のお祈りがでることもなく、ただただ身のつらさで清算しているような一週間でした。

熱が下がった後は、ピタリと店の客足が止まりました。

 何らかの形でで前世のカルマを清算しなければならないようです。

昨日、13巻もDVDをやっと見終わし、どんなに自分が罪深い前世を送ったか自覚でき、とても反省させられました。

自覚も反省なかったら、どんなにお祈りしても呪いの解消はできるはずがありません。

息子が状況を把握したら、二人で呪いの解消のお祈りをする予定ですが、まだその日はいつになるかわかりません。

すべての難を避けてばかりでは清算できないので、来年の10月の誕生日までは覚悟をして生活しようと思っています。



 ちなみに、お誕生月はいつもの寄付より多めに出すのが良いという神様のメッセージを思い出し、月末に追加でセヴァ基金を出させていただきました。

後になって気が付いたのですが、その寄付をした次の日から仕事が順調です。
改めて「寄付」の力の偉大さに驚きました。

「負の先払い」は本当に難を小さくしてくれます。
一週間も体調を崩したのは、大きな難が来る予定を小さい難にしていただいたようです。

油断せず、感謝して一年頑張ります。
 

at_clear at 23:27|Permalink日記 (日常) 
プロフィール
0000000457







0000000461







アガペーの会
神様の御神託により、
私、舘野彰子はインドの
シスター、ジョセフィンさん
からかねてより頼まれている
エイズの子供達の為の基金
を設けることになりました。

特に恋愛、結婚のカルマ
のある方は、カルマ解消
のためにご支援いただける
と幸いです。
 

基本的には渡辺先生の
セヴァ基金とは別なので、
アガペー(真実の愛)の会
という形をとりたいと
思います。

月々1000円を目安として、
継続的な寄付を頂ければ、
シェルターにいるエイズの
子供の生活費を賄うことが
できます。

魂の償いと徳積みという
意味も込めて、ご協力
よろしくお願いいたします。
 
0000002756














セヴァ基金
渡辺先生がメインとなって
インドの貧しい子供達の
教育を支援しています。

皆様の1000円が、一人の
子供の一ヶ月分の食費に
値します。

毎月一口1000円のご協力
をお願いしています。
0000002742










功得箱 
一円から寄付を頂いている
赤い功徳箱のお金はインド
へ洋服を送る船便代にさせ
ていただきます。

インド訪問前に洋服や文房
具の他に、ボール、楽器を
送りました。

特に喜んでくれたものは
スポーツ飲料の粉末です。

発熱や下痢のときに大変
役立ったようです。

また、功徳箱のお金をお菓
子代として現地にて使わせ
ていただきました。

初めて炭酸飲料のジュース
を体験する子供達の顔が
印象的でした。

皆様のご協力に感謝いた
します。
QRコード
QRコード