2008年11月

2008年11月13日

仕入れの日はいつも雨…


11日に台湾の仕入れから無事帰国しました。

現地では天気予報が外れ大雨でした。

今までの旅行は雨季でさえ晴天に恵まれていたので、嫌な予感がしました。

私の仕入れの日は必ず雨が降るのです。

台湾の地で一ヶ月以上も降っていなかった雨が仕入れの2日間どしゃ降り雨でした。

台湾に住んでいる友人の家でテレビを点けたら、私の大の苦手なカエルの解剖の場面でした。

また、町の大きな夕市でカエルの脚が生々しく食用として売っていました。

どうやら、私は台湾にも過去生があり、このような夕市でカエルを売っていたみたいです。

はっきりした過去生の内容はわからなかったけど、カエルの脚も売りながら、きっと鶏肉と偽って儲けたかもしれません。

今生で、私が高校生の時、母に中華料理屋でいただいた鶏肉のから揚げと言われて、カエルの脚を騙されて食べてしまったのです。 

台湾の夕市で珍しい石を見つけ、自分でも信じられないくらいとても高い値で買ってしましました。

どうやら、それは前世のカルマ落としをさせられたのです。騙されたことに感謝し、反省しました。

仕入れの次の日から私は脚の付け根から足首まですごい筋肉痛に悩まされました。
それも前世でカエルをむやみに殺生したからでしょう。

そして、雨蛙も殺生したから、仕事の時は雨天になってしまうのです。

いろいろな過去生で数え切れないほどのカルマをつくってきたのだと気付き落ち込んでしましました。


at_clear at 18:29|Permalink日記 (海外) 

2008年11月02日

母のカルマ


本日、母のカルマ落としのお礼参りと信玄公の地でご祈祷してもらうために山梨県に行ってきました。

母は夏に富士山バスツアーに参加して、恵林寺の近くをバスで通ってから足の付け根に痛みを感じたそうです。

それから肩の痛みが日に日に増し、痛みで夜も眠れず、食欲もなくなり2キロも痩せてしまったのです。

母の過去世で、武田信玄公に仕えていたことがあります。

そのときの母は、武士で金庫番のお役目をしていました。

あるとき、金庫からお金を盗んだ人を見つけ御仕置きしたのです。

御仕置きで肩を叩き過ぎたために、カルマが返ってきて、2ヶ月以上も母は肩や腕の痛みに悩まされたのです。

そこで、母は「やりすぎのカルマ」をつくってしまいました。

働きすぎ、頑張りすぎ、何事もやりすぎはいけないのです。

人に甘えて頼ることも必要なのです。

何事もバランス(中庸)が大切です。

10月23日までは痛みが良くならないと神様からメッセージを頂いており、23日以降から薄皮を剥がしたように母の痛みは和らいだのです。

そのお礼に、武田信玄公の菩提寺である恵林寺へ行くことにしました。

最寄駅だけ調べて、電車で行ったのですが、現地に着いたら期間限定の武田氏に由来する重要史跡めぐりのシャトルバスがでていました。

勧められるまま行き着いたのが恵林寺と善光寺と武田神社。

恵林寺で、ご祈祷お願いしてお礼を置いてくる予定でしたが、祝日なので両方とも断られてしましました。

善光寺では、金堂下の「お戒壇廻り」を体験してきました。

そこは、「心」の字をかたどった真っ暗な中を壁に沿って行き、中の鍵を触れることでお釈迦様とご縁を結んでいただけるとのこと。

そこを出てくれば生まれ変われる、また寿命が75日延びるとのこと。

ハローウィンの日から何か憑いていた次男がそこでお祈りしながら廻って来たら、すっかり浄化されて波動が良くなってきました。

その後に行った武田神社で運良く、七五三のお祝いの家族と一緒に、私達もご祈祷をしてもらい、各自の邪気を祓ってもらいました。

片道4時間もかかる山梨の地に、前日まで体力の不安を抱えていた母でしたが、無事に帰ってこられただけでなく、肩の調子も良くなって帰宅しました。

本当に守られた一日でした。
   

at_clear at 18:28|Permalink日記 (日常) 
プロフィール
0000000457







0000000461







アガペーの会
神様の御神託により、
私、舘野彰子はインドの
シスター、ジョセフィンさん
からかねてより頼まれている
エイズの子供達の為の基金
を設けることになりました。

特に恋愛、結婚のカルマ
のある方は、カルマ解消
のためにご支援いただける
と幸いです。
 

基本的には渡辺先生の
セヴァ基金とは別なので、
アガペー(真実の愛)の会
という形をとりたいと
思います。

月々1000円を目安として、
継続的な寄付を頂ければ、
シェルターにいるエイズの
子供の生活費を賄うことが
できます。

魂の償いと徳積みという
意味も込めて、ご協力
よろしくお願いいたします。
 
0000002756














セヴァ基金
渡辺先生がメインとなって
インドの貧しい子供達の
教育を支援しています。

皆様の1000円が、一人の
子供の一ヶ月分の食費に
値します。

毎月一口1000円のご協力
をお願いしています。
0000002742










功得箱 
一円から寄付を頂いている
赤い功徳箱のお金はインド
へ洋服を送る船便代にさせ
ていただきます。

インド訪問前に洋服や文房
具の他に、ボール、楽器を
送りました。

特に喜んでくれたものは
スポーツ飲料の粉末です。

発熱や下痢のときに大変
役立ったようです。

また、功徳箱のお金をお菓
子代として現地にて使わせ
ていただきました。

初めて炭酸飲料のジュース
を体験する子供達の顔が
印象的でした。

皆様のご協力に感謝いた
します。
QRコード
QRコード