2007年12月

2007年12月27日

仙台のバスツアーに参加しました


先日、家族と渡辺先生と仙台のバスツアーに参加しました。

長男に仙台四郎様がついてくれているのでお礼参りを考えていたところ、予定していた日に超格安ツアーがあり参加したのです。

行く予定でなかった松島もツアーの内容に入っていたので、行ってみたら長男はその地に呼ばれていたようでした。

長男は前世で伊達政宗の家来で食事調達係りをしていたようです。

今生でも幼い時から、かなり食にこだわりを持っている子です。

松島島めぐりをした後に寄った瑞巌時(ずいがんじ)では、正宗公の家来の位牌が祀ってある部屋があり、そこに前世の長男の位牌がありました。

長男の奥深いところにネガティブな感情があり、その感情のせいで今ひとつという現実が最近、起こっていました。 

そのネガティブな感情を手放し、自信を取り戻すために、良い前世の地に呼ばれたのでしょう。

その寺を後にしてから、長男の顔が明らかに優等生顔に変化したのです。

スピリチュアルな世界で 8歳・14歳はとても重要な年です。その14歳の時にこのような機会をくださいました神様に深く感謝しています。

とにかく、瑞巌寺は聖地でした。

松尾芭蕉の「奥の細道」でも詠われた場所です。

211面の本堂障壁画は本当に見事なものでした。

門をくぐり本堂までの杉並木の通りで手のひらを上に向けると、ビリビリとしびれるくらいのパワーが感じます。

みなさんも機会がありましたらぜひ寄って、パワーを感じてください。


at_clear at 18:28|Permalink日記 (日常) 

2007年12月03日

2007年12月 神様からのメッセージ


神様からの皆様へメッセージをいただきました。



「12月になりました

みなさんにとってこの一年はどんな年だったでしょう 
 
人は時と共に老いますが、心はいつまでも成長できるのです

人生はあなたの教師です。

私たちはすべてのことから学ぶことができます

つらい苦しいと思うことは苦労ではなく試練であり、学びです。

これを「不幸」という言葉におきかえてはいけません
 
不幸と思い込むとより苦しくなります

毎日ご飯が食べられる、お風呂に入れる、今日も一日働ける・・・小さなことをありがたいと感じられる人が幸せな人です

本当に大切なものはお金では買えません

家族・健康・友情・愛・・・そして感謝

感謝しつづけられることが、生きる豊かさです」




ただ、ただ、うなづいてしまうお言葉ですね。


at_clear at 18:29|Permalink神様のメッセージ 
プロフィール
0000000457







0000000461







アガペーの会
神様の御神託により、
私、舘野彰子はインドの
シスター、ジョセフィンさん
からかねてより頼まれている
エイズの子供達の為の基金
を設けることになりました。

特に恋愛、結婚のカルマ
のある方は、カルマ解消
のためにご支援いただける
と幸いです。
 

基本的には渡辺先生の
セヴァ基金とは別なので、
アガペー(真実の愛)の会
という形をとりたいと
思います。

月々1000円を目安として、
継続的な寄付を頂ければ、
シェルターにいるエイズの
子供の生活費を賄うことが
できます。

魂の償いと徳積みという
意味も込めて、ご協力
よろしくお願いいたします。
 
0000002756














セヴァ基金
渡辺先生がメインとなって
インドの貧しい子供達の
教育を支援しています。

皆様の1000円が、一人の
子供の一ヶ月分の食費に
値します。

毎月一口1000円のご協力
をお願いしています。
0000002742










功得箱 
一円から寄付を頂いている
赤い功徳箱のお金はインド
へ洋服を送る船便代にさせ
ていただきます。

インド訪問前に洋服や文房
具の他に、ボール、楽器を
送りました。

特に喜んでくれたものは
スポーツ飲料の粉末です。

発熱や下痢のときに大変
役立ったようです。

また、功徳箱のお金をお菓
子代として現地にて使わせ
ていただきました。

初めて炭酸飲料のジュース
を体験する子供達の顔が
印象的でした。

皆様のご協力に感謝いた
します。
QRコード
QRコード