2007年09月

2007年09月13日

悲しいお知らせ


悲しいお知らせです。

当店の癒し猫「タッチ」が10日前の亡くなりました。 

いつも お客様の椅子の上や狭い店内で ひたすら寝ているだけで 皆様に愛されていた猫でした。  

その日の夕方、珍しくきちんと座って渡辺先生を見つめていました。  

閉店後、出かける私と娘にもきちんと座って見送りしてくれました。

今までにこんなことがなかったので、とても印象的でした。

そして、その夜に家の前で交通事故に遭ってしまったのです。  

亡くなった翌朝、渡辺先生の瞑想中にタッチが下りてきて


「僕は本当に幸せだった。よっちゃん(娘)にそんなに泣かないでと伝えて。今までの恩返しができてよかった。そして、よっちゃんが14才の時にまたよっちゃんの猫として戻ってくる」


とメッセージをくれました。  

タッチの亡くなった日に、前世鑑定を受けた方がとても強い因縁霊を憑けてきました。

途中、浄霊して店内から出て行った霊が悪さをしたのです。

私が受ける予定だった事故をタッチが身代わりに受けてくれたのです。  

翌朝、私はつまらない事故で車を傷つけてしまいました。  

大きな事故を小さな難で治めてくれたのです。

後日、神様からいただいたメッセージには、「お前たちの猫は、喜んでこの運命を受け入れた。そして今、天上界で幸せだ。」  

渡辺先生がみた天上界のタッチは、いつものように寝ていたそうです。

ついでに、「よっちゃんが14才になる前に、他の猫を飼ってもいいよ」とタッチがいってくれました。  

もし、もらい手がいない猫がいましたら教えてください。


at_clear at 18:28|Permalink日記 (日常) 
プロフィール
0000000457







0000000461







アガペーの会
神様の御神託により、
私、舘野彰子はインドの
シスター、ジョセフィンさん
からかねてより頼まれている
エイズの子供達の為の基金
を設けることになりました。

特に恋愛、結婚のカルマ
のある方は、カルマ解消
のためにご支援いただける
と幸いです。
 

基本的には渡辺先生の
セヴァ基金とは別なので、
アガペー(真実の愛)の会
という形をとりたいと
思います。

月々1000円を目安として、
継続的な寄付を頂ければ、
シェルターにいるエイズの
子供の生活費を賄うことが
できます。

魂の償いと徳積みという
意味も込めて、ご協力
よろしくお願いいたします。
 
0000002756














セヴァ基金
渡辺先生がメインとなって
インドの貧しい子供達の
教育を支援しています。

皆様の1000円が、一人の
子供の一ヶ月分の食費に
値します。

毎月一口1000円のご協力
をお願いしています。
0000002742










功得箱 
一円から寄付を頂いている
赤い功徳箱のお金はインド
へ洋服を送る船便代にさせ
ていただきます。

インド訪問前に洋服や文房
具の他に、ボール、楽器を
送りました。

特に喜んでくれたものは
スポーツ飲料の粉末です。

発熱や下痢のときに大変
役立ったようです。

また、功徳箱のお金をお菓
子代として現地にて使わせ
ていただきました。

初めて炭酸飲料のジュース
を体験する子供達の顔が
印象的でした。

皆様のご協力に感謝いた
します。
QRコード
QRコード