2007年07月

2007年07月25日

マザーテレサの修道院へ


8月に9日間インドへマザーテレサの修道院へボランティアへ行くことにしました。

語学研修も兼ねたホームステイということで、とても楽しみにしていたのですが、神様から「行く意味を考えなさい」とお言葉をいただき、数週間前から、気持が重くなっていました。

私の今回の課題は、今生のカルマを解消するためにインドへ呼ばれたのです。

その地に着けば解消されるのではなく、自分の言動の反省の意識を持っていなければ解消されないようです。

私の長所であり短所である、「辛いことや嫌なことの記憶がなくなる物忘れ」が足をひっぱり、なかなか37年分の反省の事柄を思い出せず、毎日苦しんでいます。

毎回 インドへ行く前は、自分のカルマを再確認させられる出来事が起こり、暗くなっていたことを思い出します。

どうやら、インドという地はただの海外旅行というわけにはならない国のようです。

ぜひ、皆さんも 機会が会ったら行ってください。


at_clear at 18:28|Permalink日記 (海外) 

2007年07月07日

2007年夏 神様からのメッセージ


神様より夏のメッセージを頂きましたので、お伝えいたします。



「家事は家族への無私の奉仕である

これには何の報酬もない

ただし、これを無償の心を込めて行うことは神への奉仕となる

神は全てを見ている

心を見ている

この神への奉仕は、いつしか必ず恩寵として返ってくるのである

家事または地味に思える仕事を心を尽くして行う時、貴方は実は神の愛を手にしているのである」



at_clear at 18:28|Permalink神様のメッセージ 
プロフィール
0000000457







0000000461







アガペーの会
神様の御神託により、
私、舘野彰子はインドの
シスター、ジョセフィンさん
からかねてより頼まれている
エイズの子供達の為の基金
を設けることになりました。

特に恋愛、結婚のカルマ
のある方は、カルマ解消
のためにご支援いただける
と幸いです。
 

基本的には渡辺先生の
セヴァ基金とは別なので、
アガペー(真実の愛)の会
という形をとりたいと
思います。

月々1000円を目安として、
継続的な寄付を頂ければ、
シェルターにいるエイズの
子供の生活費を賄うことが
できます。

魂の償いと徳積みという
意味も込めて、ご協力
よろしくお願いいたします。
 
0000002756














セヴァ基金
渡辺先生がメインとなって
インドの貧しい子供達の
教育を支援しています。

皆様の1000円が、一人の
子供の一ヶ月分の食費に
値します。

毎月一口1000円のご協力
をお願いしています。
0000002742










功得箱 
一円から寄付を頂いている
赤い功徳箱のお金はインド
へ洋服を送る船便代にさせ
ていただきます。

インド訪問前に洋服や文房
具の他に、ボール、楽器を
送りました。

特に喜んでくれたものは
スポーツ飲料の粉末です。

発熱や下痢のときに大変
役立ったようです。

また、功徳箱のお金をお菓
子代として現地にて使わせ
ていただきました。

初めて炭酸飲料のジュース
を体験する子供達の顔が
印象的でした。

皆様のご協力に感謝いた
します。
QRコード
QRコード