2008年10月15日

日本一の恵比寿様


先日のお休みの日に午後から予定が空いたので急に友達を誘って、益子に行くことにしました。

やることだけはきちんとやっていかなくてはと思い家事を終えてから出発したので2時を過ぎてしまいした。

益子へ行く途中、「大前神社」という看板が目に入り気になったので寄ってきました。

そこは日本一の恵比寿様が祀っているところで、 鳥居をくぐると本当に大きな恵比寿様がいらっしゃいました。

テレビでも紹介されたところみたいです。

そこの敷地内の静粛な気がとても気持ちよく感じました。

3年ほど前に我が家に恵比寿様と大黒様を祀るようにメッセージを天から頂いたのですが、何処を探しても気に入ったものが見つからず、我が家にはご縁がないのだとあきらめていました。

それが、この大前神社に金色の二福神様があったのです。

家の神棚のサイズにちょうど良く、金色の仏壇にとても似合っています。

一度、二福神様とご縁があったら、子孫代々までお世話になるものですから、本当に気に入ったものがいいと思っていたのでとても嬉しいです。

その後、最初の予定通り 益子に行き、気に入った食器を買いました。

聖域に置く水の器も気に入ったものが見つかり満足。

そこの店員さんに近くの温泉を教えてもらって行ってみたら、なんとそこの名は「龍神温泉 七福の湯」というではありませんか!! 貸切り状態のお風呂にまたまた大満足してしましました。

7時の夕飯には間に合って帰宅できたので、たった5時間の小旅行でしたが、密度の濃い一日でした。

皆さんも、ぜひご縁があったら行ってみて下さい。


at_clear at 18:28|Permalink 日記 (日常) 

2008年09月20日

エジプトでの前世


e196260f.jpg
エジプト旅行で数多くの遺跡を見て、感動というよりも同情してしまいました。

こんな暑い気温の中で一日何時間の何年のかけてつくりあげるなんて、過酷すぎる労働だと思いました。

そんな思いが強く感じられたのは、私の前世に城壁にレリーフを彫っていた過去世があったからでした。

その場所はイシス神殿です。

前世の私は、高い城壁から作業中に落ちて死んでしまうのですが、死ぬ時に「やっと、この人生が終わる」とほっとしたのです。

奴隷のように拘束された労働は本当に嫌でしたが、イシスの女神様は大好きだったようです。

エジプトに行ってから初めて目にした女神様だったのですが、不思議と目に止まっていたのでした。

前世の記憶は意識とは別にしっかり残っているのですね。

エジプトに着いてから2日目に瞑想の時にイシス神様が出てきてくれました。

この地に呼んでくれたのは5000年も前の過去世で信仰していた神様なのです。

こんな私を覚えてくれた神様に感謝いっぱいです。


at_clear at 18:29|Permalink 日記 (海外) 

2008年08月29日

偉大なナイル川


50b23c4f.jpgエジプト旅行で印象に残ったひとつに、数々の遺跡の古代文明よりもナイル川の偉大さです。

驚くほどの巨大で壮麗な神殿や巨像は、とても人間が造ったものとは信じられませんでした。

そんな巨大な文化はナイル川に沿って繁栄しているのです。

巨大な石の柱、オべりクスを運ぶのにナイル川が氾濫した時に、岩山まで川の水が増水するのを待って、船に乗せて運んだそうです。

そんな歴史のある偉大な川で、私のブレスレットを洗って浄化してきました。

すると、ストーンが雲ってしまったのです。

見間違いかと思い、再度入れてみたのですが、やはり輝きは戻りませんでした。

インドのガンジス河に比べたら、かなり水はきれいでした。

しかし、この河には文明を支えるため、ナイル川に生けにえを捧げたそうです。

数多くの人達の様々な思いを飲み込んだこの川は、石を浄化することができませんでした。 

すべての樹木や川には、自然なパワーがあり石を浄化する力があると信じていた私にとってとてもショックな出来事でした。

みなさんも石を浄化する時は気をつけましょう。


at_clear at 18:28|Permalink 日記 (海外) 

2008年08月25日

無事帰国しました


3b057322.jpg23日の深夜に無事帰国しました。

行く前にはエジプトの過去世が2回あったことは知っていたのですが、新たに一番古い(多分、紀元前3500年あたりかな)過去世を知りました。

三回以上はその地生まれ変わっているだけあって 食事が口に合い、48度超える暑さにも負けず乗り切って帰ってきました。

体力的には乗り切れたのですが、カルマの解消という点ではとても乗り切るどころか、またまた、たくさんの自分のカルマに気付き 落ち込んで帰ってきました。

日記を通して、頭の中を整理して 後日報告させていただきます。


at_clear at 18:28|Permalink 日記 (海外) 

2008年08月15日

エジプトに行ってきます


今日から9日間、エジプトのカルマ解消の旅に、姉2人と渡辺先生と4人で行ってきます。

帰国したら、また報告会を企画したいと思いますのでお楽しみに!

エジプトの前世での行いが私のカルマの原点なんです。

すこし、気持ちが重いのですが、頑張って乗り切ります。


at_clear at 18:28|Permalink 日記 (海外) 

2008年08月04日

息子のカルマ


私は、3年ほど前から山川不動尊へ毎月28日にお礼参りに行っています。

先月は夏休み中の子供達も一緒に連れて行き、初めてそこのおみくじを引きました。

そこのおみくじは年齢を伝えてから、何かお祈りしてから引いてくれました。

次男のおみくじの内容は吉で「 前の世に 造りし罪も 霜と消えて 花咲く春の 来しぞ嬉しき (前よりの悪しき事も おいおい改まりてこれよりよし)」と書いてありました。

いろいろな所でおみくじは引いてくるのですが、前世のカルマのことが書いてあるのは初めてのことでしたし、次男がこの時期にこの内容を頂いたことにとても驚きました。

次男はちょうどカルマをひとつ解消したばかりだったのです。 

実は、次男は毎年7月に悪いカルマが大きく影響するので、私が次男の魂を浄化するお祈りすることになっています。

今年は6月から本人も「カルマの解消のお祈り」をしていたので、魂の浄化の現象がありました。

7月中旬の一週間 吐き気が止まらず、水も飲めない状態で点滴をしていました。(うそつきとごまかしの言葉から出るカルマなので嘔吐だけの浄化みたいです)

次男は薬も利かず 吐くだけ吐いたら、すっかりは波動が良くなり、運も良くなりました。

魂が浄化されると熱や咳が出たり、下痢をしたり吐いたりします。病気と違うところは、つらいはずのその症状でも、気持ちは元気ですっきり感があるのです。

カルマの解消され、良くなった次男が引いたおみくじは神様からのお言葉だと思います。

ちなみに私も娘も、心に響く内容でした。 

私はおみくじはどんな内容でも木の枝に結んで来ることはしないで、持ち帰り神様からのメッセージとしてとっておきます。


at_clear at 18:18|Permalink 日記 (日常) 

2008年07月17日

富士山5合目バスツアーにて


先日 富士山5合目のバスツアーに参加しました。

富士山に祀られている神様に年に一回は会いに行こうと思い参加したのですが、去年の五合目と違い、新五合目散策は期待はずれでした。

その後に行った富士山を望む駿河湾クルーズでは、自分の過去世を思い出し、とても嫌な気分で船の時間を過ごしました。

前世の私は、この地で漁師をしていてとても貧しい生活をしていたようです。

市場に魚値を値切られ、労働にあわない報酬の仕事をしているようでした。

最後は海で、溺れて亡くなったみたいです。

今生の私は、船も苦手で、魚も触れません。

海も溺れてしまう不安があります。

きっと嫌気がさすほど魚を触ったのでしょう。

過去世の記憶はしっかりと持って生まれてくるようです。

その後のコースで「かつらぎ山」という所へ行ったら、そこは霊山で葛城神社や百体地蔵尊などがあり、懐かしい気持ちにさせてくれました。

前世でお世話になった神社のようでした。

富士山でお参りするために用意していたお礼を渡せずに持っていたので、その神社に納めてきました。

きっと、偶然ではなく必然だったのでしょう。

たまたま選んだこのツアーで、私の賃金を支払う側と頂く側のカルマに気付くことができ、そしてお礼参りもできました。 

本当にこのお導きに感謝しています。


at_clear at 18:28|Permalink 日記 (日常) 
プロフィール

 「ストーン鑑定」により、お客様に最適なオリジナルブレスレットをお作りします。(要予約)
天然原石、ヒーリング雑貨、ブレスレットやアクセサリー等も取り揃えております。


 栃木県小山市荒井3−4
TEL 0285−22−0868
 AM10:00〜PM6:00
 
 定休日:水曜・日曜・祝日

0000000457







0000000461







アガペーの会
神様の御神託により、
私、舘野彰子はインドの
シスター、ジョセフィンさん
からかねてより頼まれている
エイズの子供達の為の基金
を設けることになりました。

特に恋愛、結婚のカルマ
のある方は、カルマ解消
のためにご支援いただける
と幸いです。
 

基本的には渡辺先生の
セヴァ基金とは別なので、
アガペー(真実の愛)の会
という形をとりたいと
思います。

月々1000円を目安として、
継続的な寄付を頂ければ、
シェルターにいるエイズの
子供の生活費を賄うことが
できます。

魂の償いと徳積みという
意味も込めて、ご協力
よろしくお願いいたします。
 
0000002756














セヴァ基金
渡辺先生がメインとなって
インドの貧しい子供達の
教育を支援しています。

皆様の1000円が、一人の
子供の一ヶ月分の食費に
値します。

毎月一口1000円のご協力
をお願いしています。
0000002742










功得箱 
一円から寄付を頂いている
赤い功徳箱のお金はインド
へ洋服を送る船便代にさせ
ていただきます。

インド訪問前に洋服や文房
具の他に、ボール、楽器を
送りました。

特に喜んでくれたものは
スポーツ飲料の粉末です。

発熱や下痢のときに大変
役立ったようです。

また、功徳箱のお金をお菓
子代として現地にて使わせ
ていただきました。

初めて炭酸飲料のジュース
を体験する子供達の顔が
印象的でした。

皆様のご協力に感謝いた
します。
QRコード
QRコード