2008年08月04日

息子のカルマ


私は、3年ほど前から山川不動尊へ毎月28日にお礼参りに行っています。

先月は夏休み中の子供達も一緒に連れて行き、初めてそこのおみくじを引きました。

そこのおみくじは年齢を伝えてから、何かお祈りしてから引いてくれました。

次男のおみくじの内容は吉で「 前の世に 造りし罪も 霜と消えて 花咲く春の 来しぞ嬉しき (前よりの悪しき事も おいおい改まりてこれよりよし)」と書いてありました。

いろいろな所でおみくじは引いてくるのですが、前世のカルマのことが書いてあるのは初めてのことでしたし、次男がこの時期にこの内容を頂いたことにとても驚きました。

次男はちょうどカルマをひとつ解消したばかりだったのです。 

実は、次男は毎年7月に悪いカルマが大きく影響するので、私が次男の魂を浄化するお祈りすることになっています。

今年は6月から本人も「カルマの解消のお祈り」をしていたので、魂の浄化の現象がありました。

7月中旬の一週間 吐き気が止まらず、水も飲めない状態で点滴をしていました。(うそつきとごまかしの言葉から出るカルマなので嘔吐だけの浄化みたいです)

次男は薬も利かず 吐くだけ吐いたら、すっかりは波動が良くなり、運も良くなりました。

魂が浄化されると熱や咳が出たり、下痢をしたり吐いたりします。病気と違うところは、つらいはずのその症状でも、気持ちは元気ですっきり感があるのです。

カルマの解消され、良くなった次男が引いたおみくじは神様からのお言葉だと思います。

ちなみに私も娘も、心に響く内容でした。 

私はおみくじはどんな内容でも木の枝に結んで来ることはしないで、持ち帰り神様からのメッセージとしてとっておきます。


at_clear at 18:18|Permalink 日記 (日常) 

2008年07月17日

富士山5合目バスツアーにて


先日 富士山5合目のバスツアーに参加しました。

富士山に祀られている神様に年に一回は会いに行こうと思い参加したのですが、去年の五合目と違い、新五合目散策は期待はずれでした。

その後に行った富士山を望む駿河湾クルーズでは、自分の過去世を思い出し、とても嫌な気分で船の時間を過ごしました。

前世の私は、この地で漁師をしていてとても貧しい生活をしていたようです。

市場に魚値を値切られ、労働にあわない報酬の仕事をしているようでした。

最後は海で、溺れて亡くなったみたいです。

今生の私は、船も苦手で、魚も触れません。

海も溺れてしまう不安があります。

きっと嫌気がさすほど魚を触ったのでしょう。

過去世の記憶はしっかりと持って生まれてくるようです。

その後のコースで「かつらぎ山」という所へ行ったら、そこは霊山で葛城神社や百体地蔵尊などがあり、懐かしい気持ちにさせてくれました。

前世でお世話になった神社のようでした。

富士山でお参りするために用意していたお礼を渡せずに持っていたので、その神社に納めてきました。

きっと、偶然ではなく必然だったのでしょう。

たまたま選んだこのツアーで、私の賃金を支払う側と頂く側のカルマに気付くことができ、そしてお礼参りもできました。 

本当にこのお導きに感謝しています。


at_clear at 18:28|Permalink 日記 (日常) 

2008年06月27日

許せない思いが波動を下げる


先日のスピリチュアル講座のテーマは、「波動を高める」でした。

許せない思いが一番波動を下げてしまう。

許せない思いは自分の人生を受け入れていない。とのことでした。

幸せとは、満たされている心、平安な心のこと。

不幸は何か足りない、不足している心です。

不足していると物欲・成功欲・支配欲などなど出てきてしまいます。

私の今生はテーマ「無欲」。

これがなかなか根っこが深くて取りきれないのです。

「あれもこれもやらなきゃ!」と思っていて、時間に追われているいる私は、欲がつくった幻に追われているのです。

一見、やる気があって良いように思われがちですが、スピリチュアルの世界では大きなマイナスポイントです。

願いはお祈りを千回、心をこめて行うと叶うと教わり、実践しています。

毎日朝晩10回づつやれば、50日後のエジプト旅行の前日に終わるとわかり感激していたら、今朝、指導霊様のキンばーちゃんからメッセージで「今のお祈りだと千回やっても二千回やっても叶わない。」と叱られました。

数は意識しなければいけないけど、数をこなせば良いのではなく、心をこめてしっかり祈らなきゃいけないみたいです。

何世も重ねてカルマを数日で解こうと思うのも早く良くなりたいという欲だったのです。

今日から心を入れ替えて1〜2年かけて祈ろうと思います。


at_clear at 18:28|Permalink 日記 (日常) 

2008年06月09日

伊勢神宮バスツアーにて


先月、母が伊勢神宮へ行く一泊二日のバスツアーに参加しました。

出発する10日前あたりから昔痛めた足首が痛み出し、それをかばって歩いていたら腰まで痛めてしまいました。

そのうえ、頭痛や便秘まで重なり、長時間のバス旅行に耐えられるか不安になっていました。

病院に行ったり、針治療、レイキ治療したりといろいろ試したのですが、一時的な効果しかなく困っていました。

出発前日に、渡辺先生がお祈り中に前世の母がみえました。

母は男性で、酔っ払っていて、伊勢神宮の鳥居を蹴っ飛ばし、唾まで吐いたのです。

今生、母が修学旅行で伊勢参りをした時、急に声がでなくなり、帰ってからもしばらく治らなかったそうです。

また、旅行中に食べた食事も苦くて食べられなかったというのです。

50年ほど前にきちんとカルマは返ってきていたのです。

母は自分の前世の行いを一日中反省していたら、その日のうちに足腰の痛みが取れ、二日酔いのような頭痛も治まり、すっきりした顔つきになっていました。

伊勢参りの間中、反省し謝ってきたそうです。

行く前に心配していたのが嘘のように、母は元気になって帰ってきました。

帰ってきてからも疲れがでることがなく、ますます元気になる自分に本人も驚いていました。

カルマは宇宙の法則できちんと返ってきても、そこに気付きと反省がないと解消されないものなんだと学びました。

目の前に起こることは、すべて自分の行いによるものなんですね。


at_clear at 18:28|Permalink 日記 (日常) 

2008年05月29日

2008年5月 神様からのメッセージ 


「私達がこの世で生きる意味は{魂の向上}です

私達は魂の存在として輪廻転生しています

カルマ(業)とは因果応報、返ってくるという意味です

同じことが繰り返されたり、”お返し”をされたりします

人生の不幸や自分の欠点をまず素直に認めることがカルマ解消の第一歩です

人のせいしたり、逃げていては変われないのです

誰のせいでもなく、自分の行いと思いが今の人生を作っているのです

そして神様はそんな愚かな私達をいつも愛のまなざしで、ずっとずっと見守って下さっています」




先月のペルーでの旅行中、ツアーの方がバスの中でバナナをご馳走してくれました。

後部座席に移動してお昼寝をしていた私はそのバナナを食べて目を覚まし、元の座席に戻ると私の席にバナナが確保されていました。

戻すわけにもいかず、日頃食べないバナナを2本も食べたのです。

そしてまた、その日のディナーのデザートにもバナナがメインのカットフルーツが出されました。

一日にこんなにバナナを食べたのは初めてです。

神様のメッセージによると、この出来事は、カルマのお返しだったのです。

長男が離乳食を食べていたころ、私がバナナを与えたら面白いように食べたていたので、ついつい与えすぎて、肥満児にさせてしましました。

そのとき、彼は喜んで食べているものだと思い、私自身少しも反省などしなかったのです。

反省しなかったものは、逆の立場を体験させられるのです。

どんな小さな事でも必ず返ってきます。

自分の未来の為、来世の為にも今の行いを気をつけようと思いました。心から思いました!


at_clear at 18:28|Permalink 神様のメッセージ | 日記 (海外)

2008年05月05日

不動尊様にお礼


bd445f75.jpg
みなさん、GWはいかがおすごしですか?

せっかくの4連休なので何をしようか考えていたのですが、ペルーに行っている間お休みさせていただいたので、遠出をすることはやめました。

その間にサンデッキなどのペンキ塗りをしたり、庭のディスプレイのキリンの補修をしたりと充実した時間を過ごしました。

先日、近所の不動尊様の前を通ったら、お地蔵様の所の屋根と柱が色あせていたのです。

今年の冬に、不動尊様が次男を呼んで心根を正してくれた所です。

今までのように毎月28日に山川不動尊様にはお礼参りはしていたのですが、こちらの不動尊様にはきちんとお礼をしていなかったので気になっていました。

ちょうど、ペンキ塗りの手伝いに来てくれた友人と次男を誘って赤いペンキと脚立を持って勝手に補修させていただきました。

そして、その周りを少し掃除をしたら、見違えるほどきれいになりました。

お礼ができて本当に良かったと思います。

これも、このような休日と脚立に乗れる健康な体があるお陰です。

自分の体にも感謝した日でした。


at_clear at 18:28|Permalink 日記 (日常) 

2008年04月16日

ダライ・ラマ様からメッセージ


4月12日の渡辺先生の瞑想にダライ・ラマ様が現れ、こうメッセージされました。



「みなさん、チベットの霊性文化とチベット人の自治、平和、幸せのためにお祈りください」



心ある方はどうかチベットのためにお祈りください。

ちなみに、私もチベットで僧侶として学んでいた前世もあります。

その前世のときに、鳥に襲われて亡くなっているので、今生で鳥の足がとても苦手なんです。

当店へご来店くださる方にチベットに前世がある方が何人もいます。

きっと来世をチベットで送る方もいるでしょう。

遠く離れた国でも、とても身近な問題と考えなければいけないと思いました。


at_clear at 18:28|Permalink 神様のメッセージ 
プロフィール

 「ストーン鑑定」により、お客様に最適なオリジナルブレスレットをお作りします。(要予約)
天然原石、ヒーリング雑貨、ブレスレットやアクセサリー等も取り揃えております。


 栃木県小山市荒井3−4
TEL 0285−22−0868
 AM10:00〜PM6:00
 
 定休日:水曜・日曜・祝日

0000000457







0000000461







アガペーの会
神様の御神託により、
私、舘野彰子はインドの
シスター、ジョセフィンさん
からかねてより頼まれている
エイズの子供達の為の基金
を設けることになりました。

特に恋愛、結婚のカルマ
のある方は、カルマ解消
のためにご支援いただける
と幸いです。
 

基本的には渡辺先生の
セヴァ基金とは別なので、
アガペー(真実の愛)の会
という形をとりたいと
思います。

月々1000円を目安として、
継続的な寄付を頂ければ、
シェルターにいるエイズの
子供の生活費を賄うことが
できます。

魂の償いと徳積みという
意味も込めて、ご協力
よろしくお願いいたします。
 
0000002756














セヴァ基金
渡辺先生がメインとなって
インドの貧しい子供達の
教育を支援しています。

皆様の1000円が、一人の
子供の一ヶ月分の食費に
値します。

毎月一口1000円のご協力
をお願いしています。
0000002742










功得箱 
一円から寄付を頂いている
赤い功徳箱のお金はインド
へ洋服を送る船便代にさせ
ていただきます。

インド訪問前に洋服や文房
具の他に、ボール、楽器を
送りました。

特に喜んでくれたものは
スポーツ飲料の粉末です。

発熱や下痢のときに大変
役立ったようです。

また、功徳箱のお金をお菓
子代として現地にて使わせ
ていただきました。

初めて炭酸飲料のジュース
を体験する子供達の顔が
印象的でした。

皆様のご協力に感謝いた
します。
QRコード
QRコード