2008年02月05日

息子のカルマ


わが息子、小4の次男は前世からの誤魔化しとお金のカルマがあります。

去年の夏に何ヶ月も宿題をやらず、うそをついて誤魔化していたことが我が家の指導霊様のお知らせにより発覚したのです。

そのカルマがなかなか根深いようで、頭ではわかっていてもつい誤魔化してうそをついてしまうようです。

また、最近の次男は宿題をやらずに遊びに行ってしまったり、ゲームする時間を守れなかったりしていました。

そんな様子を私は気付いていなかったのですが、2日の朝に不動明王様からメッセージを頂きました。

「今夜、不動明王に預けなさい。性根を叩きなおしてやる」とメッセージをもらい午後6時過ぎに近所の真っ暗な林の中にある不動明王様に息子一人を置き去りにして来ました。

本人が心から反省するまで迎えに行ってはいけないとのことで、約40分現地にいました。

毎月28日に山川不動尊にお礼に行くのですが、そのときに私が次男のことをお願いしたというのです。

私は具体的にお願いしたつもりはないのですが、家庭円満を願ってきたと思います。

その私の願いを不動明王様が聞き入れて次男を呼んでくれたというのです。

お迎えに行った後の次男は、心から反省した顔をしていました。

節分の前日に反省すると意味が大きいと神様からお言葉をいただき、私もその夜はいろいろと深く反省しました。 

本当に神様に守られて我が家は救われています。

みなさんは2月2日の夜をどのように過ごされたでしょうか?


at_clear at 18:28|Permalink 日記 (日常) 

2008年01月23日

2008年新春 神様からのメッセージ


「今年は風水では水の年である

水は流れる

その流れに乗れるか逆らうかはそれぞれの心に寄る

エゴ・欲・頑固などの岩があると流れに逆らうことになる

素直に受け入れられる心は流れに乗る

また、水に流す

つまり許すことが大切だ

許すことは自分も許されるのだから

責めるのをやめ、他人を変えようとせず受け入れる

すべては神の計らいにより、魂と人生は光輝くのである」



at_clear at 18:28|Permalink 神様のメッセージ 

2008年01月15日

伊勢神宮に行ってきました


去年の暮れに神様より伊勢神宮に呼ばれ、渡辺先生を含め4人で、朝一番の新幹線で三重県に向かいました。

呼んでくださった神様は皇大神宮(内宮)の近くにある猿田彦神社の神様でした。

この神社は道開きの神様で人生の岐路に真の道を導く神様です。

一緒に行った友人2人まさにその時期でした。

その神社の正面に方位盤があるのが特徴です。

私は風水の神様に導かれたのだと思いました。  

その後、皇大神宮(内宮)・豊受大神宮(外宮)に参拝して来ました。

皇大神宮で15日までが初詣だと知り、新年のご祈祷をお願いして来ました。

祈祷中に目を閉じると瞑想しているときのような感じになり、パワーを波のように受けている気分でした。  

神域内で見られる巨大な木々からは、パワーをもらうというよりは、自分が浄化されるような感じがします。

人目を気にせずしっかりと木肌に触れ、抱きついてきました。

日本に生まれたならばこの聖地を訪れないわけにはいかないと思います。

ぜひ、ぜひ一度は訪れてみてください。


at_clear at 18:30|Permalink 日記 (日常) 

2007年12月27日

仙台のバスツアーに参加しました


先日、家族と渡辺先生と仙台のバスツアーに参加しました。

長男に仙台四郎様がついてくれているのでお礼参りを考えていたところ、予定していた日に超格安ツアーがあり参加したのです。

行く予定でなかった松島もツアーの内容に入っていたので、行ってみたら長男はその地に呼ばれていたようでした。

長男は前世で伊達政宗の家来で食事調達係りをしていたようです。

今生でも幼い時から、かなり食にこだわりを持っている子です。

松島島めぐりをした後に寄った瑞巌時(ずいがんじ)では、正宗公の家来の位牌が祀ってある部屋があり、そこに前世の長男の位牌がありました。

長男の奥深いところにネガティブな感情があり、その感情のせいで今ひとつという現実が最近、起こっていました。 

そのネガティブな感情を手放し、自信を取り戻すために、良い前世の地に呼ばれたのでしょう。

その寺を後にしてから、長男の顔が明らかに優等生顔に変化したのです。

スピリチュアルな世界で 8歳・14歳はとても重要な年です。その14歳の時にこのような機会をくださいました神様に深く感謝しています。

とにかく、瑞巌寺は聖地でした。

松尾芭蕉の「奥の細道」でも詠われた場所です。

211面の本堂障壁画は本当に見事なものでした。

門をくぐり本堂までの杉並木の通りで手のひらを上に向けると、ビリビリとしびれるくらいのパワーが感じます。

みなさんも機会がありましたらぜひ寄って、パワーを感じてください。


at_clear at 18:28|Permalink 日記 (日常) 

2007年12月03日

2007年12月 神様からのメッセージ


神様からの皆様へメッセージをいただきました。



「12月になりました

みなさんにとってこの一年はどんな年だったでしょう 
 
人は時と共に老いますが、心はいつまでも成長できるのです

人生はあなたの教師です。

私たちはすべてのことから学ぶことができます

つらい苦しいと思うことは苦労ではなく試練であり、学びです。

これを「不幸」という言葉におきかえてはいけません
 
不幸と思い込むとより苦しくなります

毎日ご飯が食べられる、お風呂に入れる、今日も一日働ける・・・小さなことをありがたいと感じられる人が幸せな人です

本当に大切なものはお金では買えません

家族・健康・友情・愛・・・そして感謝

感謝しつづけられることが、生きる豊かさです」




ただ、ただ、うなづいてしまうお言葉ですね。


at_clear at 18:29|Permalink 神様のメッセージ 

2007年11月28日

仙台四郎様


先日、前世鑑定された方に、仙台四郎様が守護霊様としている人が来ました。

帰り際に「仙台四郎様この店にも残っていって」とお願いしたら、その日から残ってくださいました。

次の日、私宛にメッセージが入り「お前は礼を言いに来ていない。感謝が足らない。」とお叱りを受けました。

実は数年前に、予定も立てずに立ち寄った仙台にて、初めて仙台四郎様の存在を知り、そこでご祈願してきたのです。

今では、神様・仏様に感謝はしてもお願いはしないようにしていますが、その当時は、あまりスピリチュアルな世界を知らなかったため、商売繁盛の神様と知り、しっかり願をかけてきたのです。

そのことをすっかり忘れてしまった愚かな自分に自己嫌悪に落ち込んでいました。

ちょうどその週に一日鑑定の予約がない日があったので、早速仙台に行ってきました。

神様がこの日を用意してくれたのだと思います。

行く前日、キンばーちゃんからメッセージを頂き「お前はもうひとつお願いしたのを忘れている。思い出せ。」と言われました。

実はその当時、長男の反抗期に悩んでおり、どうにか良くなるように祈願したらしいのです。

無意識にお願いしたことで、自分では思い出せず、神様から回答をいただきました。

確かに祈願した後から、すぐに渡辺先生の前世鑑定は始まるようになりました。

そして、来てくださるお客様がいい方ばかり集まるお店になったのです。

今の長男は本当に自慢の息子です。

仙台四郎様にここまで願いを叶えていただいたのに、今まで気付いていなかったなんて・・・。

他の神様なら私に罰を下していてもおかしくないことです。

仙台四郎様の心の広さに感謝します。すべての神様は、私たちのすべてをみているのですね。

ピンッと感じた方はぜひ一度仙台に行ってみてください。 

また、祈願したままの神様がいたら必ずお礼に行きましょうね。


at_clear at 18:28|Permalink 日記 (日常) 

2007年11月20日

インド旅行の報告


a7b95880.jpgインドから帰ってきて報告が遅くなりすみません。

とにかく、今回のインドの旅は「すべてが神様からのメッセージ」とお言葉が入り、深い自分のカルマに気付かされ反省して、落ち込んで帰ってきました。

自分の未来を見せられたり、本当に望んでいるビジョンを見せられたりと本当に学びの多い旅となりました。

ひとつ、ひとつ気付いたカルマを解消しようと心に決めて帰ってきました。

本当ならガンジス河で今生のカルマをすべて流してくる予定でしたが、私はカルマを気付くためにインドの地に行ったようです。

今回で、5回目のインドの旅ですが、毎回自分の未熟さ気付かされ落ち込みます。

魂の成長は人と競い合うものではないので、私なりのペースで頑張っていきたいと思います。


at_clear at 18:28|Permalink 日記 (海外) 
プロフィール

 「ストーン鑑定」により、お客様に最適なオリジナルブレスレットをお作りします。(要予約)
天然原石、ヒーリング雑貨、ブレスレットやアクセサリー等も取り揃えております。


 栃木県小山市荒井3−4
TEL 0285−22−0868
 AM10:00〜PM6:00
 
 定休日:水曜・日曜・祝日

0000000457







0000000461







アガペーの会
神様の御神託により、
私、舘野彰子はインドの
シスター、ジョセフィンさん
からかねてより頼まれている
エイズの子供達の為の基金
を設けることになりました。

特に恋愛、結婚のカルマ
のある方は、カルマ解消
のためにご支援いただける
と幸いです。
 

基本的には渡辺先生の
セヴァ基金とは別なので、
アガペー(真実の愛)の会
という形をとりたいと
思います。

月々1000円を目安として、
継続的な寄付を頂ければ、
シェルターにいるエイズの
子供の生活費を賄うことが
できます。

魂の償いと徳積みという
意味も込めて、ご協力
よろしくお願いいたします。
 
0000002756














セヴァ基金
渡辺先生がメインとなって
インドの貧しい子供達の
教育を支援しています。

皆様の1000円が、一人の
子供の一ヶ月分の食費に
値します。

毎月一口1000円のご協力
をお願いしています。
0000002742










功得箱 
一円から寄付を頂いている
赤い功徳箱のお金はインド
へ洋服を送る船便代にさせ
ていただきます。

インド訪問前に洋服や文房
具の他に、ボール、楽器を
送りました。

特に喜んでくれたものは
スポーツ飲料の粉末です。

発熱や下痢のときに大変
役立ったようです。

また、功徳箱のお金をお菓
子代として現地にて使わせ
ていただきました。

初めて炭酸飲料のジュース
を体験する子供達の顔が
印象的でした。

皆様のご協力に感謝いた
します。
QRコード
QRコード